Toge(と〜げ)のプロフィール

次世代高速ブラウザ「Brave」のダウンロード・設定・使い方を紹介!

この記事では,次世代高速ブラウザBrave(ブレイヴ)のダウンロード・設定・使い方を紹介します.

最近,ネットを見ていると広告が多いと感じます,また,Youtubeでも頻繁に広告が流れてます.広告表示のためにブラウザが遅く感じることもありますよね.(まあ,このブログもそうなんですけどね...)

この悩みを簡単に解決してくるのが「Braveブラウザ」です.

このBraveブラウザを使えば,広告表示のストレスを軽くして,高速でのブラウジングができるようになります.

Braveブラウザとは

Braveは,Brave Softwareによって開発されているウェブブラウザです.

広告ブロック

広告をブロックする機能があります.それにより,高速ブラウジングが可能です.Chromeブラウザと比較して,Braveブラウザを使うと,2倍〜8倍速く表示されるという結果がでています.

私も自分で体感してみましたが,確かに速いです.

ちなみに,広告ブロック機能は,Youtubeにも適用できます.途中で頻繁に流れるYoutube広告がなくなります.これは結構嬉しいです.

エコシステム

ブロックした広告の代わりにBraveが許可した別の広告を挿入して,その収益をウェブサイト,Brave,広告代理店,ユーザーの4者に分配するエコシステムを持っています.

広告表示を完全にブロックするかどうかはユーザーが決めることができて,表示した場合は,広告料を以下比率で分配します.

  • 55%:ウェブサイト
  • 15%:Brave
  • 15%:広告代理店
  • 15%:ユーザー

従来は,ユーザーは一方的に広告を見せられて,快適なブラウジングを妨げられて無駄なデータ通信量を支払っていました.

Braveの調査によると,スマホでのブラウジングでは広告表示のデータ通信に月に$23ドルかかっているらしいです.

toge

Braveブラウザを使えば,ユーザーは広告を表示させることで報酬をゲットできちゃいます!また,ユーザーはBrave paymentsという機能を使い,サイト運営者に寄付をすることができます.

そして,この報酬や寄付は,仮想通貨 Basic Attention Token:BATで行われます.

Braveブラウザのダウンロード方法

ではBraveブラウザのダウンロード方法について書いていきます.まず,BraveのWebページにアクセスします.

  • 「Download Brave」をクリックします.
  • Google Chromeの場合,左下に表示される部分をダブルクリックします.
  • 「Brave」のアイコンを「Applications」にドラックしてドロップします.
  • Launchpadの「Brave」をクリックして起動します.
  • 「open」をクリックします.
  • 「Ready to make Brave your default Browser?」(デフォルトのブラウザに設定しますか?)と表示されます.私はお試しなので,とりあえずデフォルトにはせずに,Not Nowをクリックしました.
    これでダウンロード完了です.

Braveブラウザの設定方法

言語を日本語に設定

まずは,言語を日本語に設定しましょう.

  • 新しいタブを開いて,右下の設定アイコンをクリックします.
  • 設定メニューの「Advanced」の「Language」をEnglish(U.S.)からJapaneseに変更します.
  • 再起動しますか?と表示されるので,「Yes」を選択します.

    これで,日本語に変更できます.

ブラウザデータのインポート

「Brave」は,他のブラウザのデータ(閲覧履歴,お気に入りとブックマーク,クッキー,保存したパスワード)をインポートすることができます.

  • 設定メニューの「一般」の「今すぐインポート」をクリックします.
  • インポートしたいブラウザを選択します.また,閲覧履歴,お気に入りとブックマーク,クッキー,保存したパスワードからインポートしたものを選択して,「インポート」をクリックします.

    これが表示されて,「了解」をクリックして完了です.
  • ブラウザ上にブックマークバーが表示されます.
  • 表示の仕方は,設定メニューの「一般」の「ブックマークバー」で設定できます.

広告,クッキーの設定

  • 設定メニューの「保護」で設定できます.

ブロック広告数の確認

サイト(例.CNN)にアクセスしたときに,ブラウザの右上のBraveマークをクリックすると, 

ブロックした広告数がわかります.

最後に

BraveはWebブラウザ3.0と言われるほど注目されています.近い将来ユーザーが増えれば,エコシステムが機能するかもしれません.ちなみに私も,パブリッシャー登録をしました.Braveブラウザをダウンロードして本サイトを応援してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です