と〜げのプロフィール

Braveブラウザの使い方と設定をさくっと紹介!

この記事では,Brave(ブレイヴ)ブラウザの使い方・設定について紹介します.

おそらく,この記事を読もうとしている人は,

Braveブラウザって何?

実際,Braveってどうなの?

と思っている人だと思います.

と〜げ

結論を言うと,最高です.

はっきり言って,みんな使うべきだと思います.

使ってみて,一番のメリットだと思うのは,広告ブロックによる超高速ブラウジングができるところです.

私の場合,主に,Youtube動画を観るときに,使ってます.

と〜げ

広告がないYoutubeは,完全ノーストレスで最高です!

今回は,Braveブラウザとは何か?というところから,ダウンロードして実際に使うまでの,使い方・設定について書いていきます.

Braveブラウザとは

Braveは,Brave Softwareによって開発されているウェブブラウザです.

日本では,主に,ウェブブラウザと言えば,Google Chrome,Firefox,Safariなどが有名で多く使われています.

これらのブラウザに比べると,Braveを使っている人は少ないですが,2018年7月時点で,世界中に300万人以上のアクティブユーザーがいて,2018年末には500万人を超えると予想されています.

と〜げ

Braveは,マジで今キテるブラウザなんです.

広告ブロック機能による高速ブラウジング

なんで,使う人が増えているのか?それは,Braveの『広告ブロック機能による高速ブラウジング』です.

と〜げ

現時点での,Braveの最大のメリットです.

Google Chromeと比較して,Braveブラウザを使うと,2倍〜8倍表示が速くなります.

下の動画は,ChromeとBraveとFirefoxでブラウザ速度を比較したものです.

Braveの速さは一目瞭然だね.

ちむ子

と〜げ

私の場合,主にYoutubeを観るときに使っています.広告なしですいすい動画を観れて快適です.

じゃあ,Braveはただの速いだけのブラウザなのでしょうか?

いや,違います.Braveの真の目指すところはこれだけではありません.

Braveエコシステム

Braveは,従来の広告システムの問題点を指摘しています.

従来の広告システムでは,ユーザーがウェブサイトの広告を閲覧(商品を購入)することで,広告主が利益を得ます.そして,広告を掲載しているウェブサイトは,利益の一部を広告主から得ます.

Braveは,従来の広告システムの中で,ユーザーは,

一方的に広告を見せられて,

広告表示のためにブラウジング速度は遅くなり,

無駄なデータ通信量がかかっていて,恩恵を受けていないことを指摘しています.

と〜げ

そこで,Braveはユーザーにもメリットがあるシステムを考えました.

それが,Braveエコシステムです.

Braveが提案するエコシステムでは,広告収益をウェブサイト,Brave,広告代理店,ユーザーの4者で分けるというシステムです.

ユーザーは,一方的に広告を表示させられるのではなく,表示するか,ブロックするかをユーザーが決めることができます.もし,広告の表示を許可する場合は,ユーザーが報酬を得ることができます.

と〜げ

Braveブラウザを使えば,ユーザーは広告を表示させることで報酬をゲットできちゃいます!

※ただし,Braveブラウザでは,Braveが許可した広告しか掲載されません.そして,まだその数は少ないので,広告表示で報酬をゲットする機会は少ないのが現状です.

また,ユーザーはBrave paymentsという機能を使い,サイト運営者に寄付をすることができます.

と〜げ

報酬や寄付は,仮想通貨 Basic Attention Token:BATが使われます.

Braveブラウザのダウンロード方法

さっそく,Braveブラウザをダウンロードしましょう!

Macで,Google Chromeを使ってダウンロードしました.

  • STEP.1
    ダウンロード

    以下,ボタンをクリックします.

    ダウンロード

     

    『DOWNLOAD BRAVE 』をクリックします.

  • STEP.2
    保存

    Google Chromeの場合,左下に表示される部分をダブルクリックします.

     

    「Brave」のアイコンを「Applications」にドラックしてドロップします.

  • STEP.3
    起動

    Launchpadの「Brave」をクリックして起動します.

     

    「open」をクリックします.

     

    「Ready to make Brave your default Browser?」(デフォルトのブラウザに設定しますか?)と表示されます.私はお試しなので,とりあえずデフォルトにはせずに,Not Nowをクリックしました.

  • 完了!

Braveブラウザの設定方法

言語を日本語に設定

まずは,言語を日本語に設定しましょう.

新しいタブを開いて,右下の設定アイコンをクリックします.

設定メニューの「Advanced」の「Language」をEnglish(U.S.)からJapaneseに変更します.

再起動しますか?と表示されるので,「Yes」を選択します.

これで,日本語に変更できます.

広告の設定

設定メニューの「保護」で設定できます.

広告については,「広告のコントロール」から,3つを選ぶことができます.

  • Braveの広告を表示
    Braveが許可した広告を表示
  • 広告をブロック
    広告なし
  • 広告とトラッキングを許可
    広告あり

広告を出したくないのであれば,「広告をブロック」でOKです.

と〜げ

ここまでで,とりあえず,広告なしでの高速ブラウジングができる状態になりました.

ここからは,他の細かい設定についてちょっと書いていきます.

ブラウザデータのインポート

「Brave」は,他のブラウザのデータ(閲覧履歴,お気に入りとブックマーク,クッキー,保存したパスワード)をインポートすることができます.

  • 設定メニューの「一般」の「今すぐインポート」をクリックします.
  • インポートしたいブラウザを選択します.また,閲覧履歴,お気に入りとブックマーク,クッキー,保存したパスワードからインポートしたものを選択して,「インポート」をクリックします.

    これが表示されて,「了解」をクリックして完了です.
  • ブラウザ上にブックマークバーが表示されます.
  • 表示の仕方は,設定メニューの「一般」の「ブックマークバー」で設定できます.

ブロック広告数の確認

サイト(例.CNN)にアクセスしたときに,ブラウザの右上のBraveマークをクリックすると, 

ブロックした広告数がわかります.

最後に

BraveはWebブラウザ3.0と言われるほど注目されています.近い将来ユーザーが増えれば,エコシステムが機能するかもしれません.ちなみに私も,パブリッシャー登録をしました.Braveブラウザをダウンロードして本サイトを応援してください!

ダウンロード

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です