と〜げのプロフィール

DMM光v6プラスのルータ(ホームゲートウェイ)はレンタルすべきか?

私が使っているインターネット光回線は,DMM光 です.

DMM光には,v6プラス(IPv6接続)と,IPv4(PPPoE)という2種類の接続方式があります.そして,断然おすすめは,高速なインターネット接続ができるv6プラスのプランです.

v6プラスプランだと,ルータ(ホームゲートウェイ)を購入するか,レンタルするかの2つの選択肢があるため,どちらがイイのか迷ってしまう人も多いと思います.

そんな人のために,

今回は,DMM光 のv6プラスに申し込む前に,ルータ(ホームゲートウェイ)の購入かレンタルの各選択肢についての説明と,どちらがイイのかについて紹介したいと思います.

と〜げ

ちなみに,DMM光 全般のことや,v6プラスプランについての詳しい説明は,こちらの記事を読んでください.

ルータとホームゲートウェイについて

ルータとは,複数の機器をインターネットに繋げるように分岐してくれる機械のことをいいます.

ホームゲートウェイとは,光電話に対応したルータのことです.

このように厳密には,両者の意味は違いますが,このブログ内で,ルータ(ホームゲートウェイ)と表記しています.

v6プラスプランの選択肢2つ

DMM光のv6プラスプランにする場合,以下2つのどちらかの方法でルータ(ホームゲートウェイ)が必要になります.

  • 自分で「v6プラス」対応のルータ(ホームゲートウェイ)を購入
  • DMM光で「v6プラス」対応のルータ(ホームゲートウェイ)のレンタル
購入か,レンタルかということね.

ちむ子

と〜げ

ちなみに,私はルータ(ホームゲートウェイ)を持っていたので,レンタルはせず,自分で購入したルータを使っています.

では,それぞれについて説明していきます.

自分で「v6プラス」対応ルータ(ホームゲートウェイ)を購入

選択肢の1つは,ルータ(ホームゲートウェイ)を自分で購入することです.

v6プラスに対応するルータ(ホームゲートウェイ)はこちらになります.価格帯としては,6,000円から1万5,000円くらいです.

  • BUFFALO(バッファロー)
    WXR-2533DHP2
    WXR-2533DHP
    WXR-1900DHP3(Ver.2.55以降)
    WXR-1901DHP3(Ver.2.55以降)
    WXR-1900DHP2(Ver.2.53以降)
    WXR-1900DHP(Ver.2.43以降)
    WXR-1750DHP(Ver.2.52以降)
    WXR-1750DHP2(Ver.2.52以降)
    WXR-1751DHP2(Ver.2.52以降)
  • アイ・オー・データ機器(IODATA)
    WN-AX1167GR (Ver.3.20以降)
    WN-AX1167GR/V6 (Ver.3.20以降)
    WN-AX1167GR2
    WN-AX2033GR

広い部屋に対応できる機器ほど,価格は高くなります.

ちなみに,私が使っているルータ(ホームゲートウェイ)は,こちらです.4LDKの家でも使用できるので,性能的にこれを買って間違いはないと思います.

購入したルータ(ホームゲートウェイ)を,NTT GE-ONUという回線終端装置に繋いで,使用します.

見た感じわかるように,ちょっとゴチャゴチャしてスペースをとります.

メリット
  • 一度購入すれば追加費用なし.
  • 使用環境に合ったルータ(ホームゲートウェイ)を選ぶことができる.
デメリット
  • NTTのGE-ONU(回線終末装置)とルータ(ホームゲートウェイ)の2つがちょっとゴチャゴチャしがち.

と〜げ

ルータはこういうサイトを参考に選んでもいいと思います.

参考 失敗しない、Wi-Fiルーター(無線LAN親機)の選び方 最新おすすめ機種も紹介appllio

DMM光で「v6プラス」対応ルータ(ホームゲートウェイ)のレンタル

DMM光でレンタルを提供しています.

おすすめは,無線LAN付きのルータ(ホームゲートウェイ)です.月額300円でレンタルできます.

2,3年のレンタルなら,購入した場合よりも安くすみます.

ルータ(ホームゲートウェイ)はPR-500MIというもので,回線終端装置(ONU)一体型です.ルータ(ホームゲートウェイ)に無線LANカードを挿して使います.

こんな感じです.これ1つなので,ゴチャゴチャにならずスッキリします.

無線LANカードは,SC-40NE「2」といって,高速無線LAN規格「IEEE802.11ac」対応しているものです.

メリット
  • 2,3年使用なら,購入よりもお得である.
  • どのルータ(ホームゲートウェイ)を選ぶかを迷う必要がない.
  • 無線LANカード付きのルータ(ホームゲートウェイ)で,回線終端装置(ONU)一体型なのでスペースを取らない.
デメリット
  • 使用環境に合ったルータ(ホームゲートウェイ)を選ぶことができない.

結局,どっちがいいのか?

いちがいにどっちがいいとは言えないので,ざっくり場合分けをして,答えてみます.

ルータ(ホームゲートウェイ)とかよくわからない人

ルータ(ホームゲートウェイ)とか,どれを買えばイイのかわからない!

という人は,とりあえず,DMM光でレンタルするのがイイと思います.

まず,無線LAN付きルータ(ホームゲートウェイ)を月額300円でレンタルして,速度や使い勝手を感じてみましょう.

レンタルは,いつでも解約することが可能です.解約料がかかることもありません

と〜げ

「とりあえず,レンタル.そして,使ってみてから考える.」がオススメです.

最適なホームゲートウェイを探したい人

ルータ(ホームゲートウェイ)に詳しい人や,自分に最適なルータ(ホームゲートウェイ)を探したい!

という人は,ルータ(ホームゲートウェイ)について調べながら,自分の使用環境に合ったものを探して購入するのがイイと思います.

自分で調べながら,探すのって楽しいですしね 🎶

 

以上,ここまで読んでくれた人ありがとうございました.

DMM光に申し込みたい人は,キャンペーンサイトから申し込んでみてください!

工事費無料+5,000円キャッシュバック

と〜げ

ちなみに,DMM光全般のことや,v6プラスプランについての詳しい説明は,こちらの記事を読んでください.

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です