Toge(と〜げ)のプロフィール

東欧旅行する前にロシア語を勉強するメリットと,語学学習アプリBabbel

最近,ロシア語を勉強しています.

きっかけは,ウクライナを旅行した際に,文字がキリル文字で,読めなくて不便だったので,キリル文字だけでも少し読めるようになりたいというものでした.1日10分のみ勉強を継続して,3か月以上が経ちました.

キリル文字,アルファベットに似ているが少し異なる.33文字.

 

ほとんど上達していませんが,ロシア語が聞こえてきたら,ロシア語だ!とわかる程度にはなりました.東欧を旅行中,数少ない知ってるロシア語が聞こえてきたときは,思いの外,嬉しいものです.

今回は,ロシア語を勉強するメリットと私が勉強に使用しているアプリについて書きます.

 

ロシア語を勉強するメリット

当たり前ですが,ロシア語はロシアの公用語です.しかし,ロシア以外でも話者が多い言語でもあります.

ロシアの他には,カザフスタン,キルギス,ベラルーシがロシア語を公用語としています.また未承認の事実上独立している地域では,沿ドニエストル共和国,アブハジア,南オセチアでも公用語として使われてます.

基本的に,旧ソビエト連邦に併合された経験のある地域では,公用語ではなくても,ロシア語話者が多いです.

ウクライナ,ジョージア,モルドバ,バルト三国(リトアニア,ラトビア,エストニア),タジキスタン,トルクメニスタン,ウズベキスタン,イスラエル,アルメニア,アゼルバイジャンなどでは,公用語ではありませんが,話せる人は多いです.

 

つまり,ロシア語って色んな所で使えるよ!って話です.

ロシア語が色んな所で使えるデータ
  • ヨーロッパで最も母語話者が多い言語
  • 母語話者数では世界で8番目に多い(第二言語の話者数も含めると世界で4番目),
  • 国際連合においては、6つの公用語の1つ.
  • 話者数としては,世界で,約1億8000万人.

 

東欧旅行するなら,ロシア語はめっちゃ使えます.英語が通じにくい地域も多いため,キリル文字を読めるようにしておくと,旅がよりしやすく,面白くなります.

例えば,バスの移動の際に,キリル文字で書かれた都市名を読めたりすると便利です.ちなみに,セルビア語やブルガリア語もキリル文字を使います.言語自体はできなくても,読めたら意外と役に立ちます.

 

私が実際に行った国だと,ウクライナは,ウクライナ語とロシア語の2つの言語を話します.公用語としてはウクライナ語ですが,親や友達とはロシア語で話すことの方が多いと,ウクライナで会った人に聞きました.

結局,親はロシア語を話すから,公用語でなくても,みんなロシア語を話せるそうです.ホステルで会ったウクライナ人は,ロシア語の方が好きと言っていました.

toge

ソ連時代を経験したお年寄りはロシア語を話せるけど,若い人は話せない人が多いというケースが旧ソ連地域全体で起こっているように思います.お年寄りはロシア語が堪能で,若者は英語が堪能という傾向があります.

 

 

おすすめアプリ

私は, Babbelというアプリを使用しています.

Babbelは,ドイツのベルリンを拠点としたオンライン語学学習サービスです.月額$13(1500円程度)で使用できます.ロシア語以外にもヨーロッパの言語中心に学ぶことが可能です.

ただし,日本語で学ぶことはできませんので,私は英語でロシア語を学んでいます.なので,英語の勉強にもなります!

コースは6つあり,それぞれのコースにまた,たくさんのレッスンがあります.

 

まずは,NEWのThe Russian alphabet(ロシアアルファベット)をやってみると,キリル文字が読めるようになります.まずは,このコースからやるのをオススメします.

 

Babbelは,使い方がシンプルで,デザインも良いので,かなり気に入って使っています.年間契約に変えようか迷い中です.

1レッスンは無料なので,まず,使ってみてください.

 

纏め

纏め

ロシア語勉強のメリット

  • 東欧を中心に話者が多い.
  • キリル文字を学んでおくだけで,東欧旅行が楽しい.

オススメアプリ

  • Babbel
  • 月額は$13

英語もできないのに,ロシア語に手を出しています.今の自分の英語レベルくらいロシア語ができたらいいなと思ってやってます.少しずつ勉強して,どこかのタイミングでがっつりやる予定です.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です