【Elasticsearch と Kibana】Docker環境構築してみた!

Elasticsearchは、全文検索エンジンで、Kibanaは可視化ツールです。リアルタイムデータ分析、ログ解析、全文検索などに使われます。

最近、仕事で少し使用する機会があったので、ちょっと勉強してみました。今回は、ElasticsearchとKibanaのDocker環境を構築してみました。

基本的には、公式文書のInstall Kibana with Dockerを元に進めました。

参考サイト

開発環境

  • Docker Desktop for mac : version 4.1.1
  • Docker : version 20.10.8

Elasticsearchコンテナを立ち上げる

新しいネットワークを作成します。Kibanaとの通信用みたいです。

docker network create elastic

Elasticsearch 7.15.2のイメージを取得します。

docker pull docker.elastic.co/elasticsearch/elasticsearch:7.15.2

シングルノードで、Elasticsearch コンテナを起動します。

docker run --name es01-test --net elastic -p 127.0.0.1:9200:9200 -p 127.0.0.1:9300:9300 -e "discovery.type=single-node" docker.elastic.co/elasticsearch/elasticsearch:7.15.2

コンテナの起動を確認。

curl localhost:9200

起動に成功していたら、name, cluster_nameなどの結果が返ってきます。

Kibanaコンテナを立ち上げる

新しいターミナルで、Kibana 7.15.2のイメージを取得します。

docker pull docker.elastic.co/kibana/kibana:7.15.2

Kibanaをスタートさせて、Elasticsearchコンテナに接続します。

docker run --name kib01-test --net elastic -p 127.0.0.1:5601:5601 -e "ELASTICSEARCH_HOSTS=http://es01-test:9200" docker.elastic.co/kibana/kibana:7.15.2

http://localhost:5601 にアクセスすると、以下画面が表示されます。

今回は、以上です。次回は、少しElasticsearchとKibanaに触ってみるつもりです。

と〜げ

可視化ツールも面白そうですね。Udemyでも良さそうな講義あります。日本語はないけど。。。

Elasticsearch 7 and the Elastic Stack: In Depth and Hands On

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です