北海道赤平市で釣り(空知川支流の赤間沢川)

今回は、赤平市内の赤間沢川に釣りに行ったことについて書きます。

赤平市内の徒歩で行ける川で釣り

川釣りがしたい!という思いもあり北海道に移住してきました。でも、1つ問題が。

それは、車を持っていないことです。北海道で釣りをするのに(北海道に住むのに)車なしは厳しいです。。。

しかし、最近、赤平市民の釣り好きな方と飲む機会があり、そこで『赤平市内の空知川やその支流にも魚がいる』という旨の話を聞きました。もちろん、車で行けるもっと良い川はありますが、赤平市内でも釣ることは可能!ということみたいです。

そこで、家から徒歩圏内の川に釣りにいくことにしました。

赤平市内の赤間沢川

とりあえず、近くの赤間沢川に行くことに。時刻は17時30分くらい。橋の脇から入渓すると魚道があります。魚道があるということは遡上する魚がいるということでしょう。期待できます。

魚道の終わりにルアーを投げると、いきなり小さい魚が飛びついてきました。でも、途中でバレてしまいました。

もう一投すると、

なんんとヤマメが釣れました。ルアー2個分くらいの体長のチビヤマメです。

少し上流に上がると、ちょっと深くなった良い溜まりがあります。

溜まりにルアーを投げると、またまたヤマメがヒットしました。

先ほどのヤマメよりは大きいですが、やはりチビヤマメです。

さらに上流に行くと、こんな感じの岩場が。

階段上になった感じのポイントがあります。

ルアーを投げると小さなヤマメが追ってくるのが目視で確認できます。でも、食いつけなくて、ルアーにぶつかってくる感じです。

このポイントにルアーを流すと、少し大きい魚の姿が見えて、ヒットしました。

良い型のヤマメが釣れたと思ったら、ウグイでした。。。なんで、ウグイってこんなにテンションが下がるんでしょうか?

少し暗くなってきたので、これ以上釣り上がることはせずに、戻りました。

戻る途中に、この日一番のチビヤマメが釣れました。

こういう浅瀬でも、ルアーを流すと、チビヤマメが追いかけてきます。

今回は、家から徒歩でふら〜と釣りに行くという夢が叶いました。時間がなくて上流まで行けませんでしたが、次はもっと上流に釣り上がろうと思います。

使用したルアー

今回使用したルアーは、DUO デゥオ スピアヘッド キュウキ 38Sです。

ヒグマに注意

今年は、赤間沢川の沿いでヒグマの目撃情報があります。ヒグマへの注意は必要です。

参考赤平市内のヒグマ目撃情報

令和元年5月1日足跡目撃情報

令和元年5月1日(水曜日)午後3時頃、エルム町、赤間の沢川の林道付近で、熊の足跡の目撃情報がありました。
その後の調査で足跡(掌幅14.5cm)を確認しました。

平成31年4月9日足跡目撃情報

平成31年4月9日(火曜日)午後4時頃、エルム町、赤間の沢川の林道付近で、熊の足跡目撃の情報がありました。
その後の調査で足跡(掌幅14.5cm)を確認しました。

私は鈴だけ付けていきました。

まとめ

  • 河川:空知川支流赤間沢川
  • 時間:17:30〜18:30(1時間)
  • 釣果:チビヤマメ → 3匹、ウグイ → 1匹

赤平、芦別の川は、ニジマスが多いイメージがありましたが、赤間沢川ではニジマスの姿は見えませんでした。赤間沢川はヤマメが優位な川なのかもしれません。

ヤマメがいるということは、秋にはサクラマスが遡上するということかと思います。秋に遡上を観察しに行こうと思います。

関連記事釣り記事一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です