XserverでドメインのSSL化を失敗した意外な理由

この記事では,XserverでドメインのSSL化を失敗した意外な理由について紹介します.

と〜げ

3日間くらい苦しみました.でも失敗の理由は非常に単純でした.

XserverでドメインのSSL化に失敗

お名前.comでドメインを取得し,Xserverでそのドメインを設定してSSL化しようとしたときに,何度やっても失敗してできませんでした.

ネットで調べた通り,お名前.comのネームサーバーをXserverのものに変更しても,SSL化には失敗しました.

Xserverサポートに連絡して原因判明

ちょっと気になっていたことは,私がお名前.comで取得したドメインは日本語のドメインでした.ただし,Xserverでは日本語ドメインは使用可能ですし,SSL化はできると公式に発表されています.

しかしながら,前に半角英数字のドメインをお名前.comで取得したときは,Xserverで何の問題もなくSSL化できたので,日本語ドメインであることの何かがSSL化の失敗を引き起こしているのではないか?と思い,ダメ元で,Xserverのサポートに聞いてみました.

と〜げ

質問から,たった30分で返信がありました.

こちらがXserverからの返信です.

当サービスで提供している「無料独自SSL」および「オプション独自SSL」では、【64文字以上】のコモンネームをご利用いただけず、運用を希望されているWEBサイトではSSL接続をご利用いただくことがかないません。

▼ご参考:コモンネームの文字数に制限はありますか?
https://www.xserver.ne.jp/support/faq/faq_service_ssl_setting.php#09

コモンネームとは,〇〇.comというドメインの〇〇のことです.ここが64文字以上だとSSL化ができません.

日本語ドメインは,xn--から始まるpunyコードに変換されるため,文字数は多くなります.

 

私の作った日本語ドメインも,見事に64文字以上でした...

と〜げ

単純に文字数制限アウト!!!が原因でした.

この後,短いドメインを再度作って,トライしたら,普通にSSL化できました.とにかく,解決してよかったです.

今回学んだことは1つです.

Xserverのサポート,マジ神...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です