と〜げのプロフィール

胸腔鏡下左肺舌区切除手術後から退院までの体験談を紹介

先日,胸腔鏡下左肺舌区切除手術をしました.

手術については,以下記事で紹介しています.本記事の前にこちら記事を読んでもらえればと思います.

今回は,手術の翌日の朝から,退院までの入院生活について書いていきます.私の体験談を元に,症状の変化を中心に紹介していきます.同じような手術を控えた人の参考になれば幸いです.

と〜げ

医師でもない素人の体験談なので,鵜呑みにせずに,参考程度に読んでみてください.

手術翌日

前回記事では,11:00頃に,ICUの病室から,一般の個室の病室に移されたところまで書きました.その後について書いていきます.

症状とか,感じたこと

痛みは,動くと傷口付近が痛みますが,動かなければ痛くない状態です.

痛み止めのおかげで,痛みはかなり抑えられているようですが,痛み止めにより,眠たい状態が常時続く感じで,ほとんど寝ていました.

トイレに関しては,空気を含んだおしっこが出て驚きました.おしっこ中にブクブクっという音がする感じでした.大便はこの日は出ませんでした.

ここまで,ずっとお風呂には入れていない状態だったので,足や腹帯部分にかゆみを感じて,ちょっと辛かったです.

また,昼食は食欲がなく結構残して,夕食からは普通に全部食べれるようになりました.

治療

朝と夜の1日2回は,点滴がありました.また,痛み止めは毎食後に飲みました.

 

その他に,1日3回朝昼夜とネブライザーという装置を使って,口の中に白い蒸気みたいなのを送るやつ行います.痰などを出しやすくするためにやるようです.

 

脇腹に刺さっていたドレインは,夕方くらいに外科の先生が来て,抜いてくれました.抜くときに,息を止めて!と言われて,息を止めていたら,いつ抜いたかわからないほどに痛みがなくすんなり抜けました.

抜いた後は,既に糸で縫っていた部分をさらに,きつく閉める感じで傷口を閉じてくれました.

 

昼食前に理学療法士の方が来て,リハビリをしました.

この日は,立ち上がって,少し歩くだけでした.20数時間ぶりに立ち上がると,さすがに軽いめまいがしました.また,まだドレイン,点滴,背中の痛み止め用管が刺さっている状態だったので,動くのも一苦労でした.

基本的にリハビリは,退院するまで毎日(土日除く)ありました.

動かさないとどんどん傷周辺が固まってしまって,可動域が狭まるので,それを防ぐためにリハビリは重要なのだそうです.また,体力の低下を防ぐ意味もあるみたいです.

リハビリの前後では,必ず,パルスオキシメータで動脈血酸素飽和度の測定と血圧の測定をしました.

 

また,手術で切除した病変部から,菌が特定できたと内科の先生から伝えられました.非結核性抗酸菌で,最も一般的なアビウム菌という菌でした.

手術の目的の1つは,菌の特定だったので,特定されてよかったです.

手術2日後

症状とか,感じたこと

朝起きると傷口が痛んだので,朝食前に痛み止めを飲みました.

相変わらず,痛み止めの効果で,眠たくて昼寝をしてしまいました.

トイレに関しては,空気を含んだおしっこがこの日も出ました.大便はこの日も出ませんでした.

治療

  • 痛み止め(朝昼夜)
  • 点滴(朝夜)
  • ネプライザー(朝昼夜)
  • リハビリ
    歩行運動

この日は,レントゲンを撮りました.手術時にしぼんだ肺が,しっかり膨らんできているかを確認するためだそうです.

手術3日後

症状とか,感じたこと

朝に痛みで目が覚めました.

背中からの痛み止めの投与がなくなると,痛みが増して,黙ってても結構痛かったです.また,歩行したときは振動で痛かったです.

トイレに関しては,おしっこに空気が含まれることはありませんでした.また,大便が出ました.

この日は,体に刺さっていたものを全て抜いたので,シャワーに入ることができました.

治療

  • 痛み止め(朝昼夜)
  • ネプライザー(朝昼夜)
  • リハビリ
    この日は休み

点滴はこの日からなしになりました.なので針も抜きました.

この日も,もう一度レントゲンを撮り,主治医の先生から,しっかり膨らんで来ていて問題がないと言われました.

痛み止めを投与する背中の管を抜きました.抜くときは一瞬で痛みもありませんでした.

と〜げ

背中の管を抜いたこの日が,手術後で一番痛かった日だと思います.

術後4日目

と〜げ

この日から,個室から4人部屋に移動になりました.

症状とか,感じたこと

昨日よりは,痛みがないと感じでしたが,やはり,まあまあ痛い状態でした.

治療

  • 痛み止め(朝昼夜)
  • ネプライザー(朝昼夜)はなくなりました.
  • リハビリ
    痛みが出るところまで腕を上げる運動を10回.階段上り下り5往復しました.

手術後からずっと傷口に貼っていた絆創膏を,この日に交換しました.

また,内科の先生から,非結核性抗酸菌症(アビウム菌用)の飲み薬についての説明を受けました.3種類の薬を飲みますが,その中のエプロールの副作用として,目に異常が出ることがあるそうです.

例えば,視力が低下したり,色の見え方が違ったり..

そこで,飲み薬の服薬を始める前に,目に異常がないかを確認,また,後に副作用の影響を把握できるように現状把握をする目的で眼科を受診をしました.

やったことはこんな感じです.

  • 一般的にメガネや眼科でやるような視力検査などの検査.神経の状態をみる点滅検査.
  • 眼滴により瞳孔をあけて,目をみる検査.
    眼滴して20分後くらいに,光が眩しく感じて,焦点を合わづらくなる.近くのものに焦点を当てれない.ぼやける.ピンとは常に1mくらいな感じ.光の眩しさは廊下のような暗いところでは何も感じずに,日傘しているところでは結構眩しく感じる.3時間くらいこの状態が続く,
  • 色覚の検査

眼科の先生からは,特に異常はないと言われました.また,エプトールを服用して,目に異常が発生する確率は8%~30%程度とのことでした(薬量による).

術後5日目

症状とか,感じたこと

夜中に痛みを感じて,飲み薬の痛み止めを飲みました.

治療

  • 痛み止め(朝昼夜)
  • リハビリ
    痛みが出るところまで腕を上げる運動を10回.階段上り下り5往復しました.首倒しストレッチ10秒.

昨日に引き続き,眼科視野検査を受けました.結果は異常なしでした.

非結核性抗酸菌症の飲み薬の影響で尿がオレンジ色っぽくなりました.

術後6日目

症状とか,感じたこと

4時頃に,痛みで目が覚めました.

朝に37.7度の熱があり,感染を疑って血液検査をしましたが,問題なしでした.

治療

  • 痛み止め(朝昼夜)
  • リハビリ
    痛みが出るところまで腕を上げる運動を10回.バイク10分.首倒しストレッチ10秒.

レントゲンを撮って,肺がしっかりと膨らんでいることを確認しました.

また,非結核性抗酸菌症の飲み薬による目への異常はありませんでした.

術後7日目

症状とか,感じたこと

朝5:30に痛みで目が覚めました.朝昼夜と1日3回飲み薬を服用していると,どうしても時間が空いてしまう夜に痛みが増します.朝起きてすぐに,飲み薬を飲んで対応しました.

痛み止めを飲めば,痛みはほとんどなく,だいぶ良くなったと感じました.

治療

  • 痛み止め(朝昼夜)
  • リハビリ(休み)

内科の先生,外科の先生と,退院後の通院スケジュールについて聞きました.

内科については,退院後,最初の1,2か月は2週間に一度血液検査,その後も1,2か月に一回血液検査.薬を飲む期間は半年くらいを予定しているとのことでした.

外科については,退院後最初の1か月に1回,2回通院して終了の予定とのことでした.

術後7日目

症状とか,感じたこと

傷口に貼っていた絆創膏を取りました.直接水で軽く洗っても大丈夫になりました.

治療

  • 痛み止め(朝昼夜)
  • リハビリ
    バイク10分,腕上げストレッチ,首ストレッチ
  • レントゲン撮影

レントゲンの結果,問題はなかったので,外科の先生と看護師長と相談して,明後日に退院することになりました.

術後8日目,9日目

症状とか,感じたこと

朝に痛みで目が覚めることがなくなりました.痛みもかなりなくなり,傷口を触ってもあまり痛く無くなってきました.

治療

  • 痛み止め(朝昼夜)
  • リハビリ(休み)

術後10日目

朝に,ドレインを入れていた傷口の抜糸をしました.少し痛いくらいで,簡単に抜糸してくれました.

10:00頃に,明細書をもらい料金を払って退院しました.

手術,入院,薬の料金

私は,国民健康保険限度額適用認定証を使いました.所得によって,自己負担額が変わります.私の場合,70歳未満で前の年の所得が210万円以下だったので,医療費の自己負担額は57,600円でした.

これに,食事代等を加算して,合計73,690円でした.

と〜げ

医師,看護師の方々にここまで,良くしていただいて,この料金なのは,ちょっと申し訳なくなります.でも,貧乏なので助かります.ありがとう.

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です