と〜げのプロフィール

【INCASE EO Travel Backpack】レビュー!1年間使用してみて

私は,昨年から10か月間海外旅行をしていました.その旅行に使用したバックが,INCASE(インケース)の「EO Travel Backpack」です.購入から1年使用してみて,とても気に入っています.中長期,短期の旅行,海外,国内問わず,どんな旅行にもオススメ!のバックパックです.

今回は,INCASE(インケース)の「EO Travel Backpack」について1年使用してみて思ったことについて書きます.

INCASE(インケース)とは

INCASEとは,1997年サンフランシスコ創業の会社です.ハードウェアやデバイス用の持ち運びソリューションの設計・開発を行っています.

簡単に言えば,バックのメーカーです.

ただし,テクノロジーガジェットっというところに焦点を当てていて,例えば,macbookを収納できるスペースがあるバックパックや,iPhoneやmacbookのカバーなどの製品をたくさん扱っています.

Appleから公認されていて,Appleの公式ホームページにもINCASEの製品があります.

EO Travel Backpackとは

INCASEの旅行用に開発されたバックパックです.ちなみに価格は1万7000円から1万9000円ほどで,結構安いと思います.

基本スペック

  • サイズ:高さ55cm x 幅38cm x マチ幅13cm

    マチ幅は,バック側面のチャックを開けるエクスパンダブル機能により,23cmくらいまで大きくなります.
  • 重さ:約1.4kg
  • 素材:Ecoyaポリエステル
    Ecoyaは,糸ではなく原材料の段階で顔料染めをしている為,従来の染色方法によって染められた糸と比較すると,太陽光・水・洗濯等にによる色の経年変化が起き難いのが特徴です.って,よくわかりませんが,とにかく耐久性が高く,劣化しづらい素材のようです.

    toge

デメリット

  • 背負い姿がちょっと格好悪い

基本的に不満はないのですが,1点だけ不満をあげるとすると,エクスパンダブル機能を使ってマチ幅を大きくした場合,バックパックを背負ったときの見た目が格好悪いとこです.

絵で書くとこんな感じです(ちょっと極端に書きましたが).絵,キモいですね...すみません.

メリット

  • パソコン・スマホを安全に収納
  • 飛行機に持ち込み可能
  • 物の出し入れがしやすい

パソコン・スマホを安全に収納

通常のバックパックだと,パソコンや電子機器専用のスペースなんてないので,傷ついてしまう危険性があったり,出し入れしづらいですが,EO Travel Backpackの場合は,そのストレスがゼロです.

バックパックの背中側のスペースがノートパソコン収納スペースとなっています.収納スペースは起毛(きもう,けばを立てること)した裏地を使用していて,パソコン表面が傷つかない仕様になっています.

パンパンに荷物を入れているときも,パソコンの出し入れがしやすいです.

飛行機に乗るときに,保安検査場で手荷物検査では,ノートパソコンを取り出す必要があります.その際の出し入れが本当に楽です.

toge

サイズ的にもゆったりしていて,私が持っているMacbook Air 13inchがゆったりと収納できます.

注意点として,パソコンスペースには,パソコンだけ入れるようにしましょう.他のものを入れてしまうとパソコンと干渉して表面が傷ついてしまう恐れがあります.

バックのトップ部分にも,起毛を使った小さなポケットがあります.ここには,スマホやカメラなどを安全に収納できて,すぐに取り出せるようになっています.

機内に持ち込み可能

海外の格安航空会社だと,荷物を預けると追加料金が取られるので,なるべく手荷物として飛行機内に持ち込みたいものです.

EO Travel Backpackは,手荷物として機内に持ち込み可能なサイズです.多くの航空会社のサイズ制限は,3辺それぞれの長さが55cm x 40cm x 25cm以内,そして,3辺の合計が115cm以内です.

EO Travel Backpackの場合,それぞれの長さはクリアしています.しかし,エクスパンダブル機能を使いマチ幅を23cmにしてしまうと,55cm+38cm+23cm = 116cmで,ぎりぎりサイズオーバーになってしまいます.

まあ,実際そこまで厳密に測定されるわけではないので,持ち込み可能ですが,あまりにもパンパンに荷物を入れすぎないように注意が必要です.

私の経験上,結構パンパンに荷物を入れてマチ幅MAXにしていても,サイズオーバーの注意を受けたことはありません.海外の安い航空会社(ryannirとか)だと,たま〜にサイズ測定を要求されることもあるので一応注意をしておきましょう.

物の出し入れがしやすい

EO Travel Backpackの最大の特徴と言ってもイイのが,物の出し入れがしやすいことです.こんな風にスーツケースのようにカパっと観音開きにできます.パッキングも楽だし,ものの取り出しも非常にスムーズに行えます.

また,前部分の収納スペース内は,細かいポケットがいっぱいあって,ごちゃごちゃしない仕様となっています.

通常のバックパックだと,入り口が一箇所なので,パッキングに時間がかかります.私は海外旅行中に会った日本人バックパッカーはパッキングに1時間かかると言っていました.

また,通常のバックパックは,物の取り出しが大変です.入り口から手を入れて物を探す形になるので,ストレスです

飛行機に乗る際に保安検査場で手荷物検査を受けるときに,「〇〇をバックの中から出してください.」と言われる場合があります.通常のバックパックだとかなりのストレスとなりますが,EO Travel Backpackの場合はストレスフリーです.

EO Travel Backpackだと本当にスムーズに出し入れが可能です.

1年使用後の劣化について

どこか壊れたということはありませんでした.基本的に荷物をパンパンに入れていましただ,肩掛け部が外れる,破れるようなことは一切なしです.

一点,背中と肩掛け部のクッション部分について,汗等の汚れと若干の糸のほつれがありました.汚れは手洗いをすれば落ちると思います.

防水仕様について

製品説明欄に「防水仕様がある」という表記は見当たりません.おそらく完全防水ではないのだと思います.ただし,普通の旅行に使う分には問題ないと思います.私も旅行中に,結構な雨の中歩いたりして,ずぶ濡れになったりしましたが,バックの表面は濡れても,中まで浸透はしていませんでした.

水をかけるちょっとした実験

バック表面に水をかけてみると,すぐには浸み込まずに,水が溜まる感じになるので,表面にはある程度の撥水性はあるみたいです.

ちょっと時間が経つと,このように浸み込んでしまいます.

ただし,この浸み込みは,中までは達しません.あくまで表面の素材に浸み込むだけのようです.

チャック部分は,水の侵入を防ぐためか,カバー的なものがあるので,簡単には水が入らない仕様になっていると思います.

EO Travel Backpackのまとめ

  • アメリカのINCASEという会社の旅行用のバックパックである.
  • デメリットは,背負い姿が少しカッコ悪い.
  • メリットは,・パソコン・スマホを安全に収納・飛行機に持ち込み可能・物の出し入れがしやすい
  • 1年使用した劣化状態としては,クッション部の汚れとほつれ.
  • 完全防水ではないが,大抵の雨はしのげる.

EO Travel Backpackには,色違いの2種類があります.CL90020(グレー) と,CL90004(ブラック)です.ちなみに,私が持っているのはCL90020(グレー)です.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です