と〜げのプロフィール

ニュートンの故郷を巡る旅行 vol.4【義父の教会と母の家に行く】

今から,3年前,2015年に,アイザック・ニュートンの故郷やゆかりの地を巡る旅行をしました.

アイザック・ニュートンは17世紀のイングランドの自然科学者です.

前回,イギリス グランムのキングススクール,生家,洗礼を受けた教会を訪問したことを書きました.

ニュートンの故郷を巡る旅行 vol.1【学校に行く編】
ニュートンの故郷を巡る旅行 vol.2【生家に行く】
ニュートンの故郷を巡る旅行 vol.3【洗礼を受けた教会に行く】

今回は,この天才ニュートンの故郷を巡る旅行vol.4として,ニュートンの義父が司祭を務める教会と,母家族の家に行ったことについて書いていきます.

この本がきっかけで,ニュートンの故郷を巡る旅をしようと思いました.藤原正彦が実際に取材で訪れたニュートン所縁の地を自分も行ってみたいと思ったのです.

toge

 

ニュートンは複雑な家系

ニュートンの実父は,ニュートンが生まれる3か月前に亡くなっています.未亡人となった実母のハナは,ニュートンが3歳のときに隣町の司祭バーナバス・スミスと再婚します.再婚後は,3人姉妹が生まれたそうです.

ニュートンが10歳のとき,義父が亡くなるまで,ニュートンはおばあちゃんに育てられたそうです.

この実母の再婚相手の司祭が務めた教会と,住んでいた家を訪ねてみました.

 

教会

実母の再婚相手の司祭が務めた教会は,ニュートンの生家から2.7kmほどのところにあります(GoogleMap).ノース ウィザム North Withamというところにあります.

藤原正彦もここを訪れているのですが,場所は書いていません.また,GoogleMapでも教会の名前が表示されていないので,見つけるのに苦労しました.海外の人がブログで少し触れていて,偶然わかりました.

こちらが,教会です.

いつの時代からあるのか,ただの石のような墓石が転がっています.

こちらが入り口です.

入り口に人の顔が彫ってあり,とても不気味でした.

中はなんか以外と豪華でした.

パイプオルガンもあります.

日曜日だったこともあり,現在の司祭に会いました.彼にニュートンの異父バーナバス・スミスについて聞いてみると,全く知らなかったようで,驚いていました.

このとき,教会に来ていた老婆がいて,その老婆にニュートンのことを聞いてみると,その老婆は結構詳しく,確かに,この教会はバーナバス・スミスが司祭をしていたと教えてくれました.

この老婆,他にも色々話してくれたのですが,基本何を言ってるかわからず,ほとんど理解できませんでした.

教会を後にしようとすると,この老婆から,友達の家でティーを飲まないか?と誘われたので行ってみました.

友達の家は,教会のとなりのとなりくらいにありました.この家も何百年も前に建てられたものだとか.

紅茶を一杯いただきました.無言で...

 

義父と実母の家

紅茶をいただいて,帰ろうとしたら,老婆がどこかへ連れてってくれるとのことで,車に乗せられました.

どこに行くのかと思っていたら,とある家の前に車を止めて,家主と話をしています,なぜか私を家の中に招いていただいて,老婆は帰ってしまいました.

家主に話を聞くと,ここが,ニュートンの義父と実母とその子供達が住んでいた家だそうです.場所は教会から数百メートルのところです.

私が老婆に実母が住んでいた家の場所を聞いていたので,老婆は連れてってくれたようです.でも,帰りどうしよう...

家主の方が非常に親切で,私を家に招き入れてくれて,紅茶を出してくれました.この物件は,ニュートンの母が住んでいたことを知って,購入したそうです.

中はリノベーションされていて,非常にきれいでした.家主のことは夫婦共々医者だそうです.

帰りに,車で町まで送ってくれました.ちなみに車はボルボでした.

 

纏め

  • ノース ウィザムに,ニュートン実母の再婚相手司祭の教会と,住んでた家がある.

偶然の老婆との出会いで,ニュートンの実母が再婚相手と住んでいた家に行くことができました.しかし,17世紀の人が住んでいた家に今も住んでいるってやっぱ凄いですね.

ニュートンの故郷を巡る旅行シリーズvol.1~4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です