Toge(と〜げ)のプロフィール

海外にいる場合の確定申告について – 選択肢は5つ

私は,年度の途中で会社を退社して,ワーキングホリデービザを使い,海外に行きました.確定申告の時期である2月16日~3月15日の間も海外にいるので,どうやって確定申告をするのかと困っていました

そこで,今回は,海外にいる場合の確定申告には,どのような選択肢があるのかを調べたので紹介します.

確定申告とは

toge

確定申告とは,1年間の所得を税務署に申告して,納付すべき所得税額を確定する手続きのことです.

1年間とは,1月1日〜12月31日を指します.所得の申告時期は翌年の2月16日〜3月15日です.具体的にやることとしては,自分の住所地を管轄する税務署に確定申告書を提出・送付する必要があります.

会社員の場合,会社がやってくれます.それが,年末調整です.年末調整は,毎月給与から引かれている所得税(源泉徴収)を,1年の所得税が確定する年末に清算する仕組みです.

私のように,会社を退社して,再就職せずに申告時期を迎える人は,個人で確定申告しなければいけません

では,私のように年度の途中に会社を退社して,申告時期に海外にいる人には,どんな確定申告の選択肢があるのかを説明していきます.

1. 申告時期前に確定申告

海外に行く前に,申告時期前の日本にいる間に確定申告してしまうということです.

ちなみに私の場合,海外に行った後に,勤めていた会社から源泉徴収票を送付されたので,申告時期前に確定申告することは,できませんでした.

2. 申告時期に日本に戻ってきて確定申告

そのままですが,申告時期に日本で普通に確定申告するということです.ただ,日本に一時的に戻るのは渡航費がかかってしまいます.

3. 申告時期を過ぎて帰国したときに確定申告

申告時期を過ぎるとペナルティ(無申告加算税,延滞税等)があります.要するに,余計にお金がかかってしまいます.

しかし,確定申告によって還付金がもらえる人は,申告時期を過ぎてもペナルティがありません

還付の場合は,過去5年に遡って申告が可能だそうです.つまり,5年遅れて申告しても良いです.

参考

No.2024 確定申告を忘れたとき所得税 | 国税庁

ちなみに,自分の還付金額は源泉徴収票からわかります.計算は過去記事を参考にしてください.

ちなみに,私はこの選択肢3を選択する予定です.

4. 納税管理人を立てて代わりに確定申告してもらう

申告時期に海外にいる場合は,納税管理人を立てて,その人に代わりに申告してもらうことも可能です.

それをやるためには納税管理人の届出書の提出を出国まで事前に行う必要があります.

参考

No.1923 海外転勤と納税管理人の選任所得税 | 国税庁

5. e-Tax を使って確定申告

e-Tax(イータックス)とは,国税に係る申告・申請・納税に係るオンラインサービスのことです.これを使えば,海外にいてもネットで確定申告することが可能です.

しかし,e-Taxを使えるのは 居住者のみ,つまり日本に住民票がある人のみです

私のように,海外転職届けを役所に提出して,非居住者となって旅行に出掛けたので,eTaxは使えないです.海外転出届けについては過去記事を参照ください.

海外転出届けを出さずに,海外からe-Taxを使って確定申告する場合はICカードリーダーを購入する必要があります.

詳細は以下ページを参考にして下さい.

参考

e-Taxをご利用になる場合の事前準備:平成29年分確定申告特集国税庁

纏め

申告時期に海外にいる人の確定申告の選択肢は5つあります.

  1. 申告時期前に確定申告
  2. 申告時期に日本に戻ってきて確定申告
  3. 申告時期を過ぎて帰国したときに確定申告
  4. 納税管理人を立てて代わりに確定申告してもらう
  5. e-Tax を使って確定申告

3 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です