北海道芦別川とその支流サキペンペツ川で釣り!

北海道赤平市への移住のために、赤平市の現地視察に行ってきました。その次いでに、現地でウェーダー、ロッド、リール、ルアー、帽子を購入して、釣りをしてきました。

今回は、北海道芦別川とその支流サキペンペツ川でニジマスを釣ったことについて書きます。

芦別川で釣り始める

入渓ポイント:芦別川の松山橋

事前のリサーチした気胸研究所というブログでは、芦別川と惣顔真布川の合流地点(Google Map)から入渓して下流に釣り下るのが良いと書かれていました。合流地点より上流は渇水していてポイントがないそうです。

ということで、芦別川と惣顔真布川の合流地点に行くことに。

しかし、合流地点には先行者の車が止まっていたので、仕方なく少し上流へ、また車が停まっていたので、さらに上流へ行き、結局、合流地点よりも2kmほど上流の松山橋(Google Map)から入渓して釣り下ることにしました。

釣果はゼロ

情報通りかなり渇水。ほぼポイントがない。。。結論を言うと、芦別川では釣果はゼロ匹でした。少し深くなったポイントでニジマスが来ましたが、途中でバレてしまいました。25cmくらいのサイズでした。

芦別川はこういう岩が多かったです。道東ではあまり見掛けない渓相でした。芦別は昔は炭鉱の町でした。炭鉱のある場所はこういった岩盤が多いのでしょうか。

あと、芦別川は藻?が多かったです。ルアーに引っかかってちょっと釣りづらかったです。

川の側には鹿の足跡がたくさんありました。釣りをしている最中に2匹の鹿に遭いました。目が会うと走って逃げちゃいましたけど。

釣り下って、先行者の姿が見えたので、戻ることにしました。すると、何かの糞が。。。

これって、熊の糞なのか???? 釣り下って来た時はなかった気がする。。。見た目は割と新しい感じもします。

『ヒグマ 糞』で画像検索してみると、やはり、ヒグマの糞っぽいです。怖。。。

足跡とか探す余裕もなく、持っていた爆竹を鳴らし、車へと戻りました。

芦別川支流サキペンペツ川でニジマスが釣れた

入渓ポイント:サキペンペツ川のニノ沢橋

芦別川はあきらめて、芦別川の下流の支流サキペンペツ川で釣ることにしました。

135号線を走りながら、入渓しやすそうなニノ沢橋付近(Google Map)で入渓しました。林道の入り口があり、車を停めるスペースが十分にあるところでした。

爆竹を鳴らしていざ入渓。

釣果はニジマス9匹

ニノ沢橋付近で入渓して釣り下りました。こんな感じのいい感じのポイントが続きます。藻もなく、釣りやすい。また、川の透明度も高かったです。

結果的には、15cmくらいのニジマスが9匹釣れました。午前8時くらいから午前9時くらいまでの時間帯で、ポイントにルアーを流すと、必ずアタリがあるか、姿が見えるかという状態でした。

先行者がいなかったせいか、魚の活性はかなりよかったです。サイズは小さかったですが、非常に楽しかったです。

これは、ニジマスなのでしょうか?斑点がないのですが。わかる人いたら教えてください。

釣れたニジマスの写真を貼ります。

ルアーを付け替えていたら、後ろの方でガサガサと音が。。。

振り返るとキツネがいました。魚をもらいに来たのでしょうか?ちょっと近づくと、後ろを向いて逃げてしまいました。

使用したルアー

DUO デゥオ スピアヘッド キュウキ 38S

今回釣れたのはすべてこのルアーです。

SMITHD-コンセプト48MDcolor 10

芦別川でアタリがあったのはこのルアーです。

ヒグマ対策

芦別川周辺は完全にヒグマの生息地なので、ヒグマ対策が必要です。サキペンペツ川のニノ沢橋近くにはこんな看板がありました。

鹿の看板はよく見かけますが、熊の看板を見たのは初めてです。

熊よけ鈴

釣り人の必須アイテムです。ウエーダーの腰に付けて釣りをしました。

爆竹

車から降りるときに一発。釣りをしてしばらく歩いたら一発という感じで使いました。

まとめ

  • 芦別川は惣顔真布川の合流地点より上流は渇水状態でポイントが少ない。
  • 芦別川支流サキンペンペツ川では小さいサイズのニジマスが釣れる。
  • 芦別川周辺はヒブマ対策が必要

ヒグマ対策をして行ってよかったです。もし、していなかったら、ヒグマに襲われたかもしれません。次回は、もしものときのために熊撃退スプレーも購入して持って行こうと思います。

関連記事釣り記事一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です