Toge(と〜げ)のプロフィール

超初心者が,おうむ返しするLINEボットBotを作成してみた!

ついに,LINEボットを作成してみました.送ったテキストメッセージをおうむ返しするでけのボットですが.

今回は,おうむ返しするLINEボットを作成してみたので,書きます.

 

今回作るボットは

送ったテキストメッセージと同じメッセージを返してくれる「おうむBOT」を作成します.

事前準備

 

作成手順

LINE Developersでボット登録

LINE Developersにアクセスします.

LINEのアカウントでログインして,プロバイダー,チャンネルを作成して,基本情報を設定します.

以下サイトが詳しいです.

参考

LINEボットを作る(準備編)imoniの開発Blog

参考

LINEボットを作る(プッシュ編)imoniの開発Blog

重要なところだけ,書いておくと,

  • アクセストークン
    再発行ボタンで発行できます.このトークンは後でPHPのファイルに書く必要があります.
  • Webhook URL
    HerokuのアプリURLを後でコピペします.とりあえず,は空欄で.
  • QRコード
    スマホでスキャンして,友達登録しましょう.

 

コマンドラインで

ここからは,コマンドラインで色々やっていきます.

$heroku login   //herokuにログイン

$mkdir myapp   //myappというディレクトリを作成

$cd myapp   //myappディレクトリに移動

$vi index.php   //index.phpを作成し,編集.(viの使い方

index.phpに以下プログラムをコピペしてください(こちらのサイトのものを拝借しました.).最初の行のアクセストークンのところに,Line Developersで発行したアクセストークンをコピペしてください.

そして,コマンドラインで.

$git init   //Gitのリポジトリを作成

$git add .   //インデックスに追加

$git commit -m "get commit"   //コミット

$heroku create "ohmugaeshibot"   //Herokuに"ohmugaeshibo"という名前のアプリを作成

※このアプリ名は,誰も使っていない名前を指定する必要があります.

コマンドラインにhttps://ohmugaeshibot.herokuapp.com/ というURLが表示されるので,これをLINE DevelopersのWebhook URLに入力します.

アプリを作成すると,Herokuのダッシュボードを見ると,「ohmugaeshibot」というアプリが作成されているのがわかります.

$git push heroku master   //デプロイ

これで,LINEのボットにメッセージを送ると,おうむ返しされます.

 

最後に

とりあえず,コピペでおうむ返しボットを作成することができました.よくわからないなりに,実際に動くものを作ってみると面白いです.

今回参考にしたサイト.

参考

PHPを使ってサクッとLINEのMessaging APIを動かす方法Qwintet

次は,今回コピペしたおうむ返しのプログラムを理解したいです.そして,色々なAPIを使ったボットを作ってみたいです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です