と〜げのプロフィール

アイラ島のホテルを紹介【実際に泊まった!】

以前,スコットランドのアイラ島への行き方について書きました.

アイラ島への行き方は2通り!さくっと紹介

今回は,私が実際に宿泊したおすすめのアイラ島の宿・ホテルを紹介します.

Lochside hotel (ロックサイド ホテル)

ボウモア(Bowmore)にあるホテルです.

ボウモア蒸留所や町の中心部からも百メートル以内のところにあって,立地条件は非常に良いといえます.

ボウモアの町の中心地の様子です.左端に写っているのがバス停です.

すぐ近くには,ボウモア蒸留所があります.

ホテルに行くまでの道の様子です.建物がかわいい色に塗られていてキレイでした.

ホテルの1階はバーとレストランになっています.レストランからは海を一望できます.

バーには,アイラ島のウイスキーが並んでいました.すでに蒸留所が閉鎖されていて,いずれはなくなってしまう幻のウイスキーであるポートエレン(Port Ellen)も置かれていました.

料理は,非常に美味しかったです.

ホテルの部屋の写真はありませんが,部屋は普通にキレイで良かったです.また,従業員の人が親切で雰囲気が非常に良かったです.

The Islay Hotel (ジ アイラ ホテル)

ポートエレン(Port ellen)にあるホテルです.

ボウモアとは島の反対側にある町で,私はラフロイグ (Laphroaig) の蒸留所 に行くためにこのホテルに宿泊しました.ここから,蒸留所までは,2km程度の距離なので,徒歩でいけます.

ホテル前の通りです.

ポートエレンの町です.寂しいところです.

徒歩でラフロイグまで行く道は,こんな感じでした.

ラフロイグ蒸留所とウイスキー.

 

ホテルの1階部分はレストランになっております.この鹿肉のステーキはめちゃめちゃ美味しかったです.

ホテルの部屋もきれいで普通によかったです.

アイラ島(islay)でホテルを検索する!

まとめ

今回紹介したホテルは,どちらも,宿泊して損はないと思います.どちらもレストランと併設していて食事がおすすめです.

  • Lochside hotel (ロックサイド ホテル)
    ボウモア(Bowmore)蒸留所の近くのホテルです.宿の1階はバーとレストランになっています.ウイスキーと美味しい料理を食べることができます.
  • The Islay Hotel (ジ アイラ ホテル)
    ポートエレン(Port ellen)のホテルです.ラフロイグ (Laphroaig) の蒸留所に行くには,このホテルがおすすめです.これまた1階はバーとレストランになっています.これまた料理が本当に美味しかったです.
ワールドノマドWorld Nomads海外旅行保険

私が海外旅行したときにお世話になった保険です.

保険の特徴,申込方法,保険金請求方法,緊急(怪我・病気)時の対応方法,他保険との比較など,様々な情報を網羅的に日本語で紹介している超まとめ記事です.

【超まとめ】ワールドノマドWorld Nomads海外旅行保険を日本語で説明

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です