Toge(と〜げ)のプロフィール

【半年で400点アップ】私がTOEICスコア300点台から750点まで上げた方法

私Togeが大学3年生の頃の話です.

色々理由があって,TOEICでそこそこの点数を取る必要があり,TOEICの勉強に取り組みました.

今回は,私がTOEICスコア300点台から750点まで上げた(400点アップした)方法について書きます.

 

点数が低い理由

TOEIC初受験の結果

私のTOEIC初受験の結果は,300点台.マークシートを適当にマークするよりは少し良いかなくらいの結果でした.

もともと,英語力が低く,大学に入ってからまともに英語の勉強をしていなかったので,仕方がない結果です.

 

点数が低い原因

この点数しか取れない原因は大きく2つありました.

  • 英語力がない.
    そのままです.とりあえず,リーディング,リスニング両方とも全体的な英語力がなかったです.
  • TOEICの問題形式に慣れていない.
    初受験で対策もしていなかったので,どんな問題があるのか?が全くわからなかったため,どのように回答する問題なのかを確認してから問題を解いてました.問題数や時間がどのくらいあるのかも全然知らずに受験していました.

 

点数を上げる方法

当たり前ですが,上記で書いた2つの原因に対して対策すればよいです.

  • TOEICに特化した英語力の向上
    ここで,重要なことは,TOEICに必要な英語力を向上させることです.つまり,「NHKのラジオ英語を聞く,洋書を読む」といった学習方法は必要ありません.TOEICの必要な単語,表現のみを覚えるなど,TOEICに特化した英語学習をすることが点数アップの近道です.
  • TOEICの問題形式に慣れる.
    TOEICは,問題形式が決まっているため,事前に問題形式に慣れておく必要があります.
    「慣れる」をもう少し噛み砕くと,どんな問題形式の問題がどれだけあるのか,制限時間はどのくらいか,どういう順番でどのくらいの時間配分で解くのかを事前に考えておくといことです.
    また,テクニック的な部分も少しあるので,それも学んでおく必要もあります(後で説明).
TOEICの点数が伸びない人は,TOEICに特化した勉強をしていないケースが多いです.英語を学ぶという意味ではそれでもよいのですが,本当にTOEICの点数を上げたいのなら,TOEIC英語の勉強をしましょう.

toge

 

TOEICスコア600点を取る方法

優良な参考書を1冊やる

まず,TOEICスコアを600点まで上げる方法について書きます.300点400点代の人が,600点取るのはそんなに大変ではありません.

結論を言うと,こちらの参考書をやってください.

この参考書をやることで,TOEICに必要な英語力を向上することができて,かつ,TOEICの問題形式に慣れることも可能です.

私は,これをやることで,600点を取ることができました.

 

この参考書の良い点

  • 各パートの解き方がわかる.
    例えば,リスニング パート2の問題では,「問題文にcopyという単語が入ってた場合,解答文にcoffeeなど似た発音の単語がある文は正解ではない」といったテクニック的な部分から,リーディング パート5の問題では,「5秒で解く問題と20秒ど解く問題」など問題形式の詳しい説明があります.
  • スコアがアップしやすいパートがわかる.
    本書では,スコアがアップしやすいパート順に学習します.TOEICでは,リスニングパート1,2,3,4とリーディングパート5,6,7があります.本書では,パート2,5,6,3,4,7,1の順にスコアが上がりやすいと説明しています.

この参考書の最後に模擬試験が付属しています.私は,参考書を学習し終えてから,模擬試験を解くと,600点を超えました.そして,その後に受けたTOEICでも625点と,600点を超えました.

確実に効果ありの参考書です.

1回やって終わりではなく,是非2周3周と繰り返し学習しましょう.

 

TOEICスコア750点を取る方法

TOEIC600点を取るのは,簡単だったのですが,ここから750点取るまでに5か月かかってしまいました.

ひたすら色んな問題集をやってました.今思えば,無駄が多い勉強をしていたように思います.

そこで,今私が振り返って絶対に良いと思う学習方法を紹介します.

今の私がおすすめする問題集

今の私がおすすめする学習方法は,「TOEIC公式問題集をひたすら解きまくる」ことです.

TOEIC公式問題集とは,「テスト開発機関であるEducational Testing Service(ETS)が,実際のテストと同じプロセスで作成した問題を収録した公式なTOEIC問題集」のことです.

テスト開発機関が作っている問題集のため,実際のTOEIC問題に最も近い模擬試験問題集です.新形式に対応した問題集もたくさんでています.

この問題集ほど,TOEICに必要な英語力を学習できるものはありません.ちょっと高いですが,この問題集群を購入して,何回も解きまくることが,一番の近道だと思います.

私は,750点取った試験の1.5か月前ほどに,この方法に行き着いて,そこから,どんどん力を付けて,750点を達成することができました.

ちなみに,公式のトレーニング本もあるようです.これもやってみても良いかもしれません.

toge

 

最後に

TOEICは世界的に通用する試験ではありませんが,日本では,大学・大学院,企業などで,英語力を示す指標として使われる試験です.今回紹介した方法を実践すれば,私のように半年もかからずに,750点,もしくは800点くらいは取れると思います.

私も,大学卒業後,英語の勉強をしなかったのですが,転職を機にまた,今回紹介したTOEIC学習を実践して800点を超えることができました.

toge

以前紹介した「スタディサプリENGLISH 」(過去記事 )で,TOEIC学習コースがあるようです.隙間時間学習にはこういうアプリが適していますね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です