Toge(と〜げ)のプロフィール

“Kin  – Product Vision For 2018″(Kin – 2018のプロダクトビジョン)を訳してみた

以前,暗号通貨Kinについて書きました.

Kinは,メッセージアプリkikを運営している会社が発行している暗号通貨です.このアプリ内で,Kinを使用できるようにする計画です.

仮想通貨 KINトークンについて調べてみた!

 

Mediumに,KikのVP productのAlex Frenkelが,Kinの2018年プロダクトビジョンについて書いています.英文読解力を向上と,Kinの理解のため,訳してみました.

今回は,KikのVP productのAlex Frenkelが語る”Kin – Product Vision For 2018″(Kin – 2018のプロダクトビジョン)を訳してみました.

 

Kin – Product Vision For 2018(日本語訳 by Toge)

最初に言い訳します.訳は結構適当です.

皆さんがご存知の通り,Kinは等機会のデジタルシェアリングエコノミーである.何百万の人々がスマホで価値を提供することで報酬を得る理想的な世界,そして,開発者が,消費者が互いに価値を提供し合える凄い場所を作ることで報酬を得る世界.それは,人々が共に取り組むことで共に成功する世界となるだろう.それはKinの上に築かれたデジタル世界となるだろう.

 

我々はKinを世界で最も使用される暗号トークンとする機会を得ている.他の暗号通貨と違い,Kinは,価値交換,個々人を,進化する新たな経済に参加できるようにするために使用されることが運命付けられている.

 

基本理念

今日,暗号通貨に参入する壁は高い,暗号通貨の購入は簡単じゃないし,それを使えるのか? ほとんど不可能である.我々のゴールはKinを可能な限り多くのユーザーに紹介することである.

我々がビジョンを達成しようとするときに,我々を導いてくれるキーとなる理念がある.

 

  1. Kinを稼ぐ – 新しいユーザーは取引所で買うことだけで暗号通貨を得るというカタチに代わって,ユーザーは最初のKinを時間や努力を投資することにより受け取ることができるようになるでしょう.このことは,たくさんに人々がすぐにKinを使い始めるために十分なKinを稼げるようにするでしょう.これは精神的に大きい変化である,Kinが通貨として機能するために,人々はKinを通貨として使用することになるでしょう.Kinは投資目的の他の暗号トークンとは異なるポジションをとる.
  2. 簡単に使える – 我々は,簡単でシンプルに使えるプロダクトを作る途切れないプロセスを信じている.今日,暗号通貨を使うことは信じられないほどに複雑である.これは美しく簡単に使えるデザインにより変えることができる.Andreas M. Antonopoulosはこう表現している,”我々はフロントエンドの複雑性を排除するためにバックエンドに複雑性を追加する”
  3. ネットワーク効果を作る – ネットワークが拡大したとき,それは価値がある.他の暗号トークンと違い,Kinは,何百万のユーザーの手に渡りながら,多くのデジタルプラットフォーム(Kikは最初)に統合されていくでしょう,このように,Kinはネットワークを活発化させることができる,Kinホルダー(消費者,開発者,商標,投資家)間で共有される金融的有用性を入れることにより.

 

プラダクト開発プロセス

良いプラダクトを作るプロセス.

我々は学ぶことを信じている.我々は,すでにKinのアルファリリースからたくさんの学びを得ている.

我々のゴールはこの学びを加速させることである.これは,プロダクトチームが小さくて迅速なスタートアップ(ユーザーのために本物の価値を作るために絶え間なく取り組む)として組織されていることを意味する.我々は構築>測定>学習 というリーンスタートアップの方法を導入して最適化している.我々の2018年の焦点は,3つ試みとなるでしょう.

 

Kin エコシステム

第一四半期の我々のゴールは,Kinをアプリケーションに統合し,パートナーをKinエコシステムに参加させるために,オープンソースのSDKをリリースすることである.このSDKは,スタンドアローンな開発者とデジタルプラットフォームのようなサードパーティの存在によって導入されるために簡単に使える必要がある.

開発者がKinSDKを統合するに連れて,自動的にどのくらいのKinが互いに与えられるべきかを計算し,最も関わっているユーザーに小さな投げ銭が提供されるかもしれない.また,SDKはブロックチェーンの取引として登録し,SDKが開発者にKREの一部を与えるようになるでしょう.

SDKのキーとなる要素:ウォレットの入口,稼ぐ/使う機会,メッセージAPI, 通知,残高/取引記録 とか.

以下のモックアップ(模型)は,初期のもの(実際のUX or デザインではない)である.

稼ぐ,使う機会はSDKの主要部分である.我々のゴールは,”箱の外に”という能力を提供し開発者と共にもっと優れた機能を提供することである.

我々は稼ぐことと使うことを3つのレベルにカテゴライズする.これは開発者サイトに必要とされる努力に基づいている:

 

Level 1 — ユーザーとブランドの間

ユーザーは,時間や労力に投資して,ブランドから直接に報酬を得ることができるでしょう – 仲介者はいない.

ユーザーは,知られたデジタルサービスやブランドからの価値を明らかにするため,Kinを使うことができるでしょう.ここでいくつかの初期モックがある.

 

Level 2— ユーザーと開発者間

ユーザーは,時間を投資して,プロダクトの改善を助けるでしょう – フィードバックや友人の招待,アプリのレビューによって.アプリ内で価値を明らかにして,開発者からデジタルコンテンツを購入することにKinは使えるでしょう.

 

Level 3 — P2P, ユーザーは他のユーザーに価値を提供することによって,支払いや報酬が発生

これはKinのキーとなるビジョンである.ユーザーが提供する価値は多くのカタチとなるでしょう,例えば,アドバイスを送ったり,経験やコンテンツ作成を主催したりとかである.そして,報酬はKinというカタチになるだろう.

 

Kin スタンドアローンウォレット

Kinスタンドアローンウォレットは,Kinを保持する最も安全でシンプルなものになるでしょう.既に述べたように,暗号トークンを今日使うことは信じられないほど複雑である.Kinと共に,これは美しく簡単に使えるウォレットを設計することで変えることができる.

ウォレット作成に関してのゴールは,暗号通貨について消費者に教育することを助けて,彼らがKinを使える多様な経験を提供することを助けることである.なぜならば,我々は急速な相互作用を信じている,そして,ウォレットの初期バージョンを使ったリアルユーザーからのフィードバックを得ることはとても基本的で,しかし,それは実際の使用に基づいて絶えず改善するだろうからである.ウォレットはまた安全性の要素を扱うだろう,バックアップや秘密鍵の復元のような.これは初期のモックアップである:

 

Kin ブロックチェーン

Kinは,社内のとても強いブロックチェーンチームを持っている.このチームのゴールは日々の何百万のKinユーザーをサポートするための正しいブロックチェーンインフラを提供することである.

ブロックチェーンチームはスケール,パフォーマンス,安全性,分散化とプライバシーに集中している.

Kinのアルファリリースによる主要な学びの一つは,EthereumはKinネットワークのニーズを現在サポートできないということである.

これは,ブロックチェーンチームはEthereuからの変更プロセスに取り組んでいることを意味する.

我々はstellar や ORBSのような他のブロックチェーンチームと親密に取り組んでいる,Kinのためのベストなブロックチェーン構築について.

ブロックチェーンチームの他の主要な役割は,KRE(Kin Rewards Engine)である.これは,金融的有用性をKinエコシステムに取り入れる主要な部分である.エコシステム内では,世界中の開発者がKinをユーザーに提供することでマネタイズする.

 

要旨

Kinはユーザーのためにプロダクトを構築している.上で示したロードマップは初期段階である.我々はコミュニティ,開発者,ブランドのインプットに応じて調整,延期をしていくだろう,そして,ユーザーが生まれ始める.

数週間後,進捗を共有する.それぞれのチームからプロダクトのさらなる更新情報を得ることができる.

Kinにとって,エキサイティングな年になるでしょう,そして,あなたのフィードバク,質問,提案に感謝する.我々は,人々が共に取り組むことで共に成功する世界を構築していくでしょう.

 

過去のKin関連の記事.

Kinの買い方は以下の記事.

【5分で登録】仮想通貨取引所MERCATOX(メルカトックス)の登録・使い方
書籍紹介

Kinについて,「お金2.0」で触れられています.

Amazon.co.jp経済学の売れ筋ランキング1位です.

 

Kin – Product Vision For 2018(原文)

As you well know, Kin is a digital sharing economy of equal opportunities. An ideal world where millions of people are compensated for the talent they provide through their phones, and a world where developers get compensated for creating amazing places for consumers to provide value to each other. It would be a world where people win together by working together. It would be a digital world built on Kin.

We have the chance of making Kin the most used crypto token in the world. Unlike other cryptocurrencies, Kin is destined to be used for value exchange, empowering individuals to take part in this evolving new economy.

 

Guiding principles

Today the barriers to entry into crypto are high, buying crypto is not easy and using it? Almost impossible. Our goal is to introduce Kin to as many users as possible.

There are a few key principles that guide us when we strive to achieve our vision:

  1. Earning Kin — instead of introducing new users to crypto by only buying on exchanges, they will be able to receive their first KIN by investing some time and effort. This will allow many people to earn enough KIN to start using it immediately. This is a big shift in mentality, in order for Kin to operate as a currency, people will have to use it as a currency. Positioning Kin differently from other crypto tokens which people buy only for investment purposes.
  2. Easy to use — We believe in a seamless process that creates simple and easy to use products. Using crypto today is unbelievably complex. With Kin, this can be changed by designing beautiful and easy to use experiences. As Andreas M. Antonopoulos puts it: “We add complexity in the backend to remove complexity in the front end”.
  3. Creating network effect — Networks become valuable when they get to scale. Differently from other crypto tokens, KIN is going to be integrated into many digital platforms (Kik being the first one), putting it in the hands of millions of users. In this way, Kin can jumpstart the network by injecting financial utility that can be shared between all KIN holders — consumers, developers, brands & investors.

 

Our product building process

It’s the process that builds the best products.

We believe in learning. We are already learning a lot from Kin’s alpha release (spoiler: a post about it is in the works).

Our goal is to accelerate this learning. This means our product teams are organised as small and agile startups constantly working to create real value for real users. We optimise the Build > Measure > Learn loop, adopting the ‘lean startup’ methodology. Our focus in 2018 is going to be on 3 efforts:

 

Kin Ecosystem

Our goal for Q1 is to release an open-source SDK for integrating Kin into applications and enable partners to join in on the Kin ecosystem. This SDK must be easy to use in order for it to be adopted by 3rd-party entities such as stand-alone developers and digital platforms.

As developers integrate the Kin SDK, it automatically calculates how much KIN should be awarded to each user, and might provide a small daily airdrop for the most engaged users. It also registers as a blockchain transaction and as such, it will earn the developer a piece of the KRE (Kin Reward Engine).

Key elements for the SDK are: entry point for the wallet, earn / spend opportunities, messaging api, notifications, balance & basic transactions history and more.

The below mockups are very initial (not the real UX or design) — just a very basic starting point:

 

The Earn & Spend opportunities are a key component of the SDK. Our goal is to provide ‘out of the box’ capabilities and then work with the developers to provide more advanced functionality.

We can categorise earning and spending into 3 levels based on the effort needed on the developer side:

Level 1 — Between users and brands

A user will be able to invest some time and effort and get compensated directly by the brand — no middle man.

A user will be able to use Kin to unlock value from known digital services and brands. Here are a few initial mocks:

 

Level 2— Between users and the developers

A user will be able to invest some time and help improve the product he is already using — by providing feedback, inviting friends, reviewing the app in the app store. Spending will be done by unlocking in app value and buying digital content from the developer.

 

Level 3 — P2P, users paying and earning by providing value to other users

This is the key vision for Kin. The value users provide would come in many forms, such as offering advice, hosting experiences or creating content. And the compensation would come in the form of Kin.

 

Kin Standalone wallet

The Kin Standalone wallet is going to be the simplest and most secure way to hold Kin. As already mentioned: Using crypto today is unbelievably complex. With Kin this can be changed by designing a beautiful and easy to use wallet.

Our goals in building this wallet is also to help educate consumers about crypto tokens and provide the discovery experience of where they can go to use KIN. Because we believe in rapid interactions and getting feedback from real users the initial version of the wallet will be very basic but it will improve constantly based on real usage. The wallet will also deal with security elements such as backup and restoring private keys. Here is a very initial mockup:

Kin Blockchain

Kin has a very strong, in-house, Blockchain team. The goal of this team is to provide the right blockchain infrastructure to support millions of daily Kin users.

Our blockchain team is focused on: Scale, Performance, Security, Decentralisation & Privacy.

One of our key learnings from the alpha release of Kin to Kik users, is that the Ethereum infrastructure cannot currently support the needs of the Kin network.

This means that our Blockchain team is working on a migration process from Ethereum.

We are working closely with other strong blockchain teams such as stellar and ORBS on building the best blockchain infrastructure for Kin.

Another major responsibility of the blockchain team is the KRE — Kin Rewards Engine. This is a major component of injecting a financial utility into the Kin ecosystem by providing a new way for developers from all over the world to monetise by providing Kin to their users. More information can be found here.

Summary

Kin is building real products for real users. The above roadmap is a starting point. We are going to expend and adjust it as input from the community, developers, brands and users starts to come in.

In the upcoming weeks we are going to share our progress. You can expect further product updates from each of our product team members.

Its going to be an exciting year for Kin, and all your feedback/questions/suggestions are much appreciated. Together we will help build a world where people win together by working together.

Ref. Kin – Product Vision For 2018 by  Alex Frenkel, VP Product @Kin

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です