Toge(と〜げ)のプロフィール

エストニア タリンのバス,トラム,トロリーのEチケット購入と乗り方

バルト三国の1つ,エストニア タリンに来ています.基本的に,観光スポットは,タリンの旧市街周辺に集結しているため,普通の観光では,あまり公共交通機関を使う必要はないと思います.しかし,ちょっと遠いスポットに行く場合は,必要です.

今回は,エストニア タリンの公共交通機関(バス,トラム,トロリーバス)のチケット購入,乗り方について書きます.

タリンの公共交通機関

トラム,トロリーバス,バスの3つがあります.

チケット種類と料金

エストニアは電子化が非常に進んでいるため,Webを通してのチケット購入が可能です.

旅行者が使用するチケットの種類としては,以下があります.

  •   QRチケット(QR-ticket)
    シングルチケット:1.0€
  • スマートカード(Smartcard ,Ühiskaart)
    1hチケット:1.1€
  • 運転手から買うチケット
    シングルチケット:2.0€

チケットの購入

QRチケット(QR-ticket)

回数制のチケットです.Webページか,Mobile Appで,QRコード型のチケットを購入して,電車内で有効機にピっとかざして有効化して使用します.飛行機のE-チケットみたいな感じです.10回分まで購入できます.

今回は,スマホからWebページにアクセスした画面を例として表示します.

QRチケット購入方法
  • Tallinna Transportというタリンの公共交通機関のサイトから購入できます.
  • QRチケットをクリックします.

 

  • Eメールアドレスを入力して,最大10回分まで購入できます.購入後,このEメールアドレスにQRコードが送付されます.

 

  • 購入方法を選択します.クレジットカードを選択します.

 

  • クレジットカード情報を入力します.

toge

メモ! 私個人の経験談ですが,なぜか,オンライン購入の際に楽天カード(Visa)での決済ができませんでした.これは一時のことなのか,本当に使えないかはわかりません.
  • 決済が終了すると,Download ボタンが表示されます.

 

  • Download ボタンをクリックすると,チケット兼レシートが表示されます.これがチケットになります.同じものがEメールアドレスにも送付されています.

モバイル App.情報
  • QRチケットはモバイル App.からも購入可能.

pilet.ee

pilet.ee
開発元:Ridango AS
無料
posted with アプリーチ
  • モバイルApp.から購入する場合は,アカウントを作成し,ログインする必要あり.
  • モバイルApp.のサービス使用料として0.32€加算される.
お金が余計にかかるので,モバイル版はおすすめしないです.普通にWebから購入しましょう.

toge

スマートカード(Smartcard ,Ühiskaart)

これは,SuicaやPasmo的なものです.カード型で,後からもチャージすることができます.エストニア語ではウヒスカールトÜhiskaartです.

スマートカード購入方法
  • まず,スマートカードそのものを購入する必要があります.R-kioskやスーパーマーケットで購入します.
  • カードのデポジットとして2€を支払う必要があります.
  • その場でチャージしてもらうことが可能ですが,チャージの最小単位は2€です.
  • 購入から6か月以内であれば,カードの返却をして2€が戻ってきます.

toge

返却場所は,こちらです.旅の移動の際に,返却できそうですね.

  • タリン空港のR-kiosk(Tallinn airport R-kiosk)
  • 港のA~DターミナルのR-kiosk(Passenger port A and D terminal R-kiosk)
  • 電車駅のR-kiosk(Train station R-kiosk)
  • バスステーションチケットサービスデスク(Regional bus station T-ticket service desk)
残高を照会する方法
  • Tallinna Transportのサイトから照会できます.
  • Ticket and money balance control で照会できます.

 

  • スマートカードの裏のバーコード下の数字を打ち込むと残額が照会できます.私はキヨスクで2€チャージして,トラムに乗ったので1.1€を消費したので,残額が0.90€です.

Webからチャージする方法
  • Add money選択します.

 

  • スマートカードの裏のバーコード下の数字を打ち込みます.

toge

3€,5€,10€,20€ 単位で購入できます.

 

  • 購入手順は,QRコードのときと同じです.クレジットカードで購入できます.

toge

Dayチケットとして,1day, 3day, 5day, 30dayを購入(チャージ)することもできます.

運転手から買うチケット

運転手から直接,現金で購入することが可能です.ただし,QRチケットやスマートカードと違い,シングルチケットが2€と高いです.

直接買う人は,基本的に旅行者だけなので,おつりを十分に用意していない場合があるそうです.まあ,QRチケットかスマートカードをおすすめします.せっかく,電子国家エストニアの旅行ですし.

toge

乗り方

乗るのは簡単です.乗り物内の有効機に,e-チケットピッと鳴ったらOKです.

スマートカード用の有効機

QRチケット用も使える有効機

こちらがQRチケットも読み取り部分も付いてる有効機です.この有効機の下部がQRコードを読み取る部分です.

 

QRチケットは,2017年3月から開始されたので,すべての有効機がQRチケット対応ではありません(すべてをQRチケット対応にするつもりはないと発表されていま.).乗り物の前方のドア付近にQRコード対応の有効機△が設置されています.

複数人でシェア

QRチケット,スマートカードは,友人や家族でシェアすることができます.

簡単な手順を示します.例)2回分のQRチケットを持っていて,自分と友達と2人で乗る場合.

  • 有効機で自分の分を有効化(かざしてピッ)
  • 有効機の矢印ボタンを押して,残りのライド分(今回の例では友達の1回分)を選択して,OKボタンを押す.
  • 再度,チケットを有効化(かざしてピッ)

※ QRチケットは10回分まで纏めて購入可能.

※ スマートカードのシェア最大人数は6人まで.

複数人でのシェアに関しては,私は試せていません.1人での旅行のため.詳しくは,ホームページで確認してください.

まとめ

  • 主要な公共交通機関はトラム,トロリー,バスの3つ.
  • GoogleMapのルート検索が使用可能.
  • QRコードはネットで購入可能.
  • スマートカードは,キオスク等で購入できて,ネットでチャージできる.
  • 乗るときは,ピっとチケットをかざすだけ.

toge

メモ! 私個人の経験談ですが,QRコードを使おうとすると,Apple payが自動起動してしまい使えません.iPhoneの人は注意です.Apple payの自動起動がしないようにしたいのですが,よくわかりません.しょうがないので,スマートカードを使いしました.

今回は,以上です.エストニア タリンはE-シティを目指しているため,ネットでの購入が進んでいて便利です.

ワールドノマドWorld Nomads海外旅行保険

私が海外旅行したときにお世話になった保険です.

保険の特徴,申込方法,保険金請求方法,緊急(怪我・病気)時の対応方法,他保険との比較など,様々な情報を網羅的に日本語で紹介している超まとめ記事です.

【超まとめ】ワールドノマドWorld Nomads海外旅行保険を日本語で説明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です