Toge(と〜げ)のプロフィール

20代でリストラ!当時の辛さについて書いてみる

私は,元会社員です.そして,2つの会社を経験しています.新卒で入社した1社目は入社3年経たずして20代でリストラされました.その後,転職して1年で退社して,今は海外旅行中です.

今回は,リストラされた当時を思い出して,そのときの辛さについて書きたいと思います.久々に会社のことを思い出したので,書いてみました.

 

思いもしない戦力外通告

会社からリストラが行われるという発表がありました。ただ、実はこの発表の時点ではあまり驚きませんでした。リストラの噂もあったため、遂にこういうことになったか程度の感想しか持ちませんでした.

今思えば恥ずかしいことなのですが、この時点では自分がその対象になるとは全く考えていませんでした。むしろ会社が新しい体制に変革されることへの期待すらありました。

私はまだ若いし、最近はちょっと大きい仕事にも携わっているし,リストラされるはずはないと思っていました.今思えば大甘です.

 

しかし、ある日上司から個別面談がしたいということ言われました。上司に用件を尋ねるとその時に言うとのことでした。

その時点でも、異動の話かな?と前向きに考えていました。リストラ関係なく多くの人が上司と面談をしていた時期だったので特に気に留めてもいませんでした。

 

当日、会議室に入り、席に座ろうとした瞬間に自分がリストラの対象だということが雰囲気的にわかりました。そして,上司から、会社を辞めて欲しい旨を伝えられました。

 

当時、会社は自分の人生においてかなり大きなウエイトを占めていたため、自分が会社を辞めることが大袈裟に言うと死の感覚と近い部分がありました.頭が真っ白になりました。会社に一番時間と労力をかけていて、人間関係の全てが会社の同僚だったので、会社を辞めるなんてことが想像出来ませんでした。当時の私は本当に会社の人達が大好きでした.

 

動揺しながら、理由を聞くと、「実績がない、仕事を完遂できない、会社の考え方と合わない,チャレンジが足りない.君は他の企業の方が向いている」と言われました。残念ながらその通りでした.

辞めないという選択をした場合はどうなるのか?と聞いたところ、わからないという解答でした。ただ、うちの部署としては必要としないという旨のことを言われました。また2日後に面談すると言われました。辞めると言うまでずっと続くのかとそこで悟りました。

 

その日は仕事が手に付かなかったのを覚えています。恥ずかしい話ですが、その日は家で泣きました。

結局、2日後に上司に辞めることを伝えて,書類にサインをしました。

 

退職が決まってから退職するまで

辞めると決めてから、最終出社日までは1か月以上ありました。その期間もまた辛いものでした。

正式に退社が決定するまでは、一部の人を除いて他言しないようにということだったので、周りは私の退職を知らない状況でした。10日ほどは普通に仕事をしていましたので,会議などで数ヶ月後や1年後の話をされると悲しい気持ちになりました.

 

徐々に周りに退職することを伝えて行きました。まずは、直属の上司、そしてチームメンバー、部署全体、それ以外のメンバーというふうに。

しかし,会社というものはどこからか情報が漏れるようで,みんな結構知っていました.私と人事部のやり取りを誰かに見られて一部に噂が広まり,同期の1人がそれを知り好奇心で面白がって聞いてきたりもした。人の不幸や,自分よりも下の人間を見て楽しむ人っているんだなあと思いました.こういう状況だと人の本性がでるんだなあとも思いました.精神的には非常に辛かったです.

 

同期でリストラされたのは私だけでした。おそらく大卒者では私が最も若いリストラ対象者だったのではないかと思います。

若くて良かったじゃないかという考え方もあります。確かにそう思います。ただ逆にいうと、若くして今後会社に貢献する人材にはならないと見限られたということも言えます。本当に辛かったです。自分がリストラ対象者になったのは、間違いなく会社に残った人よりも会社に必要ないと判断されたからであるという事実が辛かった。

周りの人も,私がリストラされると聞いて,声をかけてくれる人もいましたが,私がリストラの対象になったことに特に驚いていることもなく,「まあ,こいつはリストラされるか」という納得している印象でした.決して,お前がリストラされるのはおかしいと思った人はいないようでした.そのことが,さらに,辛さを加速させました.

 

どんな言葉を周りにかけられても,辛かったです.仕方ありませんが,所詮周りには人ごとなんだと感じました.

 

そして、最終出社日にお世話になった人に挨拶をしてひっそりと会社を後にしました。短い期間ながら,就活のときから色々な思い出のある会社にもう来ることがないと思うと非常に寂しかったのを覚えています。

 

退職した後に元同僚と会うときの気持ち

退職してからは、基本的に毎日落ち込んでいました。

一度同期と飯をすることがありました.そのときは,誰々はもう就職が決まったらしいとか、自分の転職活動にダメ出しされたりしました。

でも、この人よりも会社に必要ないと判断されたから自分はリストラされたんだ,しょうがないと思っていました。嫌なことを言われても自分が悪いので何も言えませんでした。

 

リストラされて見ると,周りの人がどういう人間かどうかわかりました。人間関係の断捨離が出来ました。まあ,それは私自身にもいえることです.立場が弱くなったから,関係を切ったとも言えます.こういう自分の弱さも辛かったです.

 

転職活動は結構うまくいきました。若さが武器になったのだと思います。転職先が決まった後に、元同僚達数人がお別れ会的なものを開いてくれました。

楽しかったし、嬉しかったけど,私がわからない会社の話題になったときに,自分が退職したことを,そして,自分とこの人達の間には会社という共有するものがもうなくなったことを実感しました.

 

私は,本当に一緒に働いていた同僚が好きでした.今思えば非常に甘い考えでしたが,本当に大好きでした.だから,非常に辛かったし,悲しかったです.

 

最後に

今にしてみれば、大したことない出来事だったと思います。当時はあまりにも視野が狭く,自分の人生において会社が全て過ぎました.

退職後は,なぜリストラされたのかを真剣に考えて,反省しました.自分のリストラと真摯に向き合えたと思います.

 

ただ、今でもたまに夢で会社の夢を見ます。ある瞬間にふと思い出します

あの時リストラしていなかったら今どうしているのか?,あの時にこうしていればリストラされなかったのではないか?と考えてしまうことがあります.転職した2社目については思い出すこともほとんどないのですが.

 

今では思い出すこともなくなってきましたが,この辛さが完全になくなることは生涯ないのだと思います。

 

 

私がリストラされた後,励まされた本です.

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です