と〜げのプロフィール

20代で会社をリストラされた話をしよう!

(↑上の写真の人は私ではありませんが,私に似ていると思います.)

私Toge(と〜げ)は元会社員です.

今まで,2つの会社を経験しています.

1社目の会社は,新卒で入社して3年経たずして,20代でリストラされました.

20代という若さで,リストラを経験した人って結構珍しいですよね.

これって,辛いんですよ.

そこで,今回は,

20代でリストラ(戦力外通告)された当時を思い出して,どんな風にリストラされたのかや,その時の気持ちについて書きたいと思います.

こんな人に読んでほしいです.

  • 現在,会社員の人.
    私のようにならないように,参考にしていただければと思います.
  • 私のようにリストラされた人
    自分と同じ体験をした人がいると,少しでも気持ちが楽になればと思います.
  • それ以外
    私Toge(と〜げ)について知ってください.

toge

リストラ(戦力外通告)の前兆

私が,入社3年目の頃でした.

会社から,リストラが行われるという発表がありました.

日本では,いわゆる解雇が原則禁止されているため,希望退職者という名目で募集がされました.

ただし,募集人数が多かったため,いわゆる「肩たたき」のようなことも行われるであろうリストラでした.

私は,この発表時点では,あまり驚きませんでした.

リストラの噂は前からあり,遂にこういうことになったか程度の感想しか持っていませんでした.

とても恥ずかしいのですが,自分がリストラの対象になるとは考えていませんでした.

今後会社が厳しい環境に変わっていって,リストラの対象になることはあるかもしれないけれど,現時点では大丈夫だろうと思っていました.

まだ,若いし,まだ大丈夫でしょ!みたいな感じでした.

今思えば大甘です.

リストラ(戦力外通告)を告げられる

ある日,上司から,個人面談をしようといわれました.

そのときも,「何の話かな?」とリストラであるとは思っていませんでした.

個人面談当日,会議室に入ったときに,その場の雰囲気で自分がリストラの対象であるとわかりました.

嫌な予感がしたとかではなく,雰囲気で完全にわかりました.

そして,上司から,希望退職に応募して欲しいとリストラ(戦力外通告)を告げられました.

そのとき,私は頭が真っ白になりました.

当時,自分の人生において,会社がかなり大きなウェイトを占めていたため,会社を辞めることが,大げさに言うと死ぬくらいの感覚がありました.

人間関係の全てが会社の同僚で,収入のすべてが会社の給与だったため,会社を辞めることなんて想像出来ませんでした.

動揺しながら,理由を聞くと,実績不足,能力不足と言われました.そして,他の企業の方が向いているということを言われました.

確かに,部署内では,最もできない社員だったので,反論はありませんでした.

辞めないという選択をした場合はどうなるのか?

と聞いたところ,「わからない,ただ,うちの部署としては必要としない」という旨のことを言われました.

その日は仕事が手に付かなかったのを覚えています.

後に,希望退職に応募して,会社を辞めることにしました.

リストラ(戦力外通告)が決まってから退職するまで

リストラが決まって,その日で辞めたいという気持ちだったのですが,

最終出社日までは1か月以上ありました.この期間がとても辛いものでした.

希望退職をした後,正式に退職が決定するまでの間は,リストラについては誰にも言ってはいけなかったので,周りは私のリストラを知らない状況でした.

その状態で10日ほど仕事をしました.

会議とかで,数か月や1年後の話になると,悲しい気持ちになりました.

それから,徐々に周りにリストラされて退職することを伝えていきました.

会社というのはどこからか情報が漏れるようで,結構みんな知っていました.

私がリストラされたことを面白がってる人もいました.人の不幸は蜜の味とはこのことかと思いました.

精神的には,毎日本当に辛かったです.

 

20代でリストラされたのは私だけでした.最も若いリストラ対象者でした.

若くて良かったじゃないかという考え方もあります.確かにそう思います.

ただ逆にいうと,若くして今後会社に貢献する人材にはならないと見限られたということもできます.

本当に辛かったです。

自分がリストラ対象者になったのは,会社に必要ないと判断されたからであるという事実が辛かったです.

周りの人も,私がリストラの対象になったことに特に驚くこともなく,「まあ,こいつはリストラされるか」と納得している印象でした.決して,リストラされるのはおかしいと思った人はいないようでした.

まさに,リストラされるべくしてリストラされたということです.

そのことが,さらに,辛さを加速させました.

どんな言葉を周りにかけられても,辛かったです.

最終出社日にお世話になった人に挨拶をしてひっそりと会社を後にしました.短い期間ながら,就活のときから色々な思い出のある会社にもう来ることがないと思うと非常に寂しかったのを覚えています.

リストラ(戦力外通告)されて,退職した後

退職してからは、基本的に毎日落ち込んでいました.

一度同期と飯をすることがありました.

そのときは,自分の転職活動にダメ出しされたりと,嫌なことを言われました.

でも,この人よりも会社に必要ないと判断されたから自分はリストラされたんだ,しょうがないと思って我慢しました.嫌なことを言われても自分が悪いので何も言えませんでした.

リストラされてみると,周りの人がどういう人間かどうかわかりました.人間関係の断捨離が出来ました.

転職先が決まった後に,元同僚達数人がお別れ会的なものを開いてくれました.

楽しかったし,嬉しかったけど,

私がわからない会社の話題になったときに,自分が退職したことを,

そして,自分とこの人達の間には会社という共有するものがもうなくなったことを実感しました.

その事実が辛かったことを覚えています.

退職してその後

退職してから,転職活動をして,なんとか転職することができました.

退職後はなぜリストラされたかを真剣に考えて,転職先で生かしました.

今になっては,昔の出来事なのですが,意外とリストラされたという事実は尾を引きます.

日常的に,落ち込むことはないのですが,たまに,会社の夢を見たり,会社のことを思い出したりして,辛くなることがあります.

今では思い出すことも少なくなってきましたが,この辛さが完全になくなることは生涯ないのかもしれません.

 

リストラされて転職活動する際は,こちらのサイトに登録するのがオススメです.私が実際に使用したサイトです.

4 Comments

ヒロ

こんにちは。
私も新卒で入った会社の業績降下で半ば強制的に辞めたことがあります。

そして再就職先でも今休職しており、会社を辞めるか辞めないかというところで非常に迷っています。
いわばリストラ予備軍の形です。

この先個人事業主もやろうと考えているところでしたのでtogeさんのブログは励みになりました!

返信する
と〜げ

ヒロさん,コメントありがとうございます.記事を読んでいただいて,嬉しく思います.
私の場合,会社の業績というよりは,自分の能力不足で退職することになってしまったという感じです.
個人事業主!スゴイですね.頑張ってください.

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です