と〜げのプロフィール

ここ2週間はポーランド南部の田舎にいました

ポーランドにやって来て,2週間以上経ってしまいました.ここ2週間は,ポーランド南部の田舎に滞在しておりました.実は,その滞在場所のWifiが遅すぎて(というかほぼノーネットワーク),ネットが繋がらない状態でした.そのため,ブログの更新ができませんでした.

今回は,なぜ南部の田舎に行くことになったか,滞在場所について,何をしていたかについて適当に書きます.

 

スポンサーリンク

 

なぜ南部の田舎に行くことになったか

クラクフに滞在中,私が泊まっていたホステルには洗濯機がなかったため,少し離れたホテルの洗濯機を借りてました.そこで,中国人の女性と会い,少し会話をしました.

ここで,うまくできた話しなら,「美人な女性と出逢う」という筋書きですが,人生そんなに甘くなく,残念ながら,その逆みたいな人.(すみません).顔,ファッション共にダサかった(上下黒のスーツみたいな格好).そして,いわゆる中学の社会で習った「一人っ子政策によるわがままな子供」が大人になったみたいな性格でした.

その人が言うには,明日,友達の友達がポーランド南部で経営している宿に行く予定とのこと.まだ,宿の部屋に空きがあるから来る?と言われて,少し迷いましたが,ノリで行くと答えました.

この女性はかなり要注意人物ですが,ポーランド南部の田舎に行く機会は中々ないし,ポーランド南部で宿を経営している中国人に興味がありました,また,他にも中国人が滞在しているということで,わがまま中国人を観察してみたい好奇心から,行くことを決めてしまいました.

翌日,宿を経営している中国人の方が車でクラクフまで迎えに来てくれて,ポーランド南部に向かいました.

 

滞在場所

地理的位置

ポーランド南部の都市:Nowy Targ  から20km程離れた場所にある田舎に滞在しました.クラクフからは100km程度です.

宿

当初,中国の方(ここからホストと呼びます)が,ポーランドに家を持っていて,その家を宿として経営しているのかと思っていましたが,詳しく聞いてみると,この家は数ヶ月単位で借りている家で,短期的に,中国人の友達やその友達なんかを宿として提供しているとのことでした(もちろん有料,600ズロチ/2weeks).特に,Airbnbとかはやってないみたいで,あくまでホストのネットワーク内で少し商売しているということでした.

オーナーが家を貸していない期間は,普通にBooking.comで予約できます.あとで見つけました.

 

家としては,3階建でかなり広く良いのですが,中,外共に,清潔度はあまり高くありませんでした.ただ,一人部屋でこの値段ならまあまあ良いかなというところです.

よく考えると,日本は家の中土足厳禁の時点でかなり清潔度が高いんですよね.他の国からはありえない清潔度ですよ,本当に.

致命的なのが,Wifiはないに等しいです.

宿の周りは,家が数軒あるだけで,何もありません.何か買い物する場合は,ホストが車で20km離れたNowy Targまで連れてってくれます.

 

何をしていたのか

基本的に暇でした.ただ,その中でも,ホストが近くに観光しに連れてってくれたりしました.箇条書きします.

 

バーベキュー

家の裏に屋根付きのバーベキュースペースがあって,滞在中に,計3回行いました.フィンランド人の方が滞在しており,その人がほとんどすべて準備してくれました.正直,BBQの準備とか面倒だと思うタイプなので,すごく楽でした.豪快な鶏肉と,おそらく,砂肝,ハツ,野菜を腹一杯食べました.

 

観光

近くにある湖沿いにあるNiedzica Castle(城),ザコパネというポーランド屈指の避暑地,保養地に連れてってもらいました.

 

買い物

近くのスーパーに食材を買いに行くだけなのですが,数人で行くので,何かと時間がかかります.何回か行ったので,結構時間を使いました.

 

会話

あまり会話せずに,一人部屋にいることが多かったのですが,ホストの中国人,途中少し滞在した中国の方,ずっと滞在していた中国人,たまにくる家のオーナーとその友達(ポーランド人)とは話しました.

私を誘ってくれた最初にあった中国人は,予想以上の一人っ子政策の弊害っぷりがすごくて,他滞在者からも敬遠されていました.しかし,こんな中国人は例外で,他に滞在していた中国人は気遣いができる,親切な良い人達でした.ありがとう.

 

読書

後半は,kindleで本を買い,なんとかダウンロードして読書ばかりの日々でした.ホリエモンの著書を中心に数冊読みました.話題の「多動力」も読みました.

 

Nowy Targでネットする

後半,ホストが留守にすることもあったため,1日一本しかないバスに乗って,1時間半かけてNowy Targに行ってました.目的は,Wifiです.よいカフェがあり,入り浸りました.

バスを待っていると,地元の高校生数人が話しかけてきてくれて,どこから来たの?とか,何してるの?とか覚えたての英語で一生懸命話しかけてきてくれました.日本語のこんにちはを教えたりして,楽しい時間でした.

 

この2週間で思ったこと

宿ビジネスに勝機があるのではないか

ホストがやっているように,家を借りて,そこをさらに貸すというビジネスは中々良いのでは?と思いました.ホストの1か月の家賃がかなり安い(約10万円).Airbnbのホストをやってみようかと思ってます.清潔度とWifiを整備した宿を提供できれば結構イケるのではと思っています.

 

中国人は自分勝手,自己中な人だけではない

当たり前なんですけど,皆がみんな自分勝手な人ではないです.私の場合,最初に会った中国人が,「一人っ子政策の弊害」の代表例のような自分勝手,自己中だったので,「やっぱり中国人って自分勝手なんだなぁ」と思ってしまいましたが,他の中国人が親切だったため,思い直しました.

 

最初に会った中国人の自分勝手さは逆にすごい

基本的にもう関わりたくないのですが,この2週間のきっかけをくれたことは感謝しています.また,彼女は英語を話せます.私なんかよりも何倍も英語能力が高いです.自分勝手というと聞こえは悪いですが,積極的に人と話したり,自分のことを語ったりして手に入れた英語能力なのではないかと思います.すごいです.(ただし,彼女の英語は私には難しく,他の中国人が英語で通訳してくれました.自分は英語能力がないなぁと思っていたのですが,フィンランドの方も結構わかってなかったので,彼女の英語はわかりづらいのだと思います.)

滞在中は,

・いきなり話しに入って来て自分のことを話す.(毎日でした.私とホストが話しているときもいきなり入って来て写真を見せて来ます)

・ダサいファッション(上下黒スーツみたいな格好,青ジーンズに黄色のコート,アニメ犬の白いトレーナー,青いジャケット等)

・レストランで一つの皿をシェアして食べてると,牛肉をすべて自分の皿に持って行き独り占めしようとする(これにはホストが結構怒ってました.でも彼女は笑ってました)

・車中で一人でしゃべりまくる(ホストのみ答えてましたが,最後は無視)

・ BBQの手伝いを全くせずに,焼きあがる直前に来て,一番最初に食べる.

・相手が明らかに話したくない態度なのに,全く気にせずに話しまくる.(フィンランド人は結構嫌そうでした.)

・観光に行っても別行動を取り,どこに行ったかわからなくなる.

・アイスクリーム屋があると,アイスクリームを食べたいとだだをこねる.

・フィンランドの方に,「言葉に気をつけろ」と本気で言われても,笑ってた.

など,とにかく ”可愛くない子供” そのものでした.これで30歳超えているのですから,今までどうやって生きて来たのか逆に気になります.これだけ,積極的に自分のために生きる人生は見習うべきところもあるのではないかと思ってしまいました.

 

・田舎だと結構ジロジロ見られる

東洋人などいないところにいたので,Nowy Targでは結構ジロジロ見られました.クラクフの中心地ではそんなことありませんでした.

 

・意外と日本について知ってるポーランド人がいる

宿のオーナーとその友達と酒を飲む機会がありました.その際に,日本について,自動車メーカー,ヨシムラ(部品メーカー),神風,鈴鹿(レース),キャプテン翼(翼,小次郎),ポケモン,東京,スキージャンプの葛西など,色々知ってました.まさか日向小次郎を知っているとは(笑)

 

・バスの運ちゃんがすごい

滞在の後半は,バスでNowy Targに行ったのですが,バスは非常に小さく,運転もかなり悪かったです.途中で運転者が車から降りて,犬にエサをやっていたのを見たときは驚きました.

 

今回は,思うこと,ダラダラ書きました.結局,最初に会った中国人女性について結構書いてしまいました.印象としてはマイナスの方向ですが,スカラーとしては大きかったということでしょう.ただ,もう関わりたくないです(笑).

 

スポンサーリンク

 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です