mazon福袋

なめられる人の原因と対策を考えてみた!

実は,お恥ずかしい話ですが,私は,周囲からなめられて生きてきました.『周囲からなめられる』ことに対して,結構悩んできましたし,今も悩みのタネです.

と〜げ

私と同じのように,周囲からなめられて,悩んでいる人いませんか?

なめられるって,つらいですよね?

誰かに相談することも難しいし,周囲の人に「なめないで下さい」とも言えないし(実際,言ったら,ますますなめられそうです).

わかります.私がそうですから.よ〜くわかります.

ただ,悩んでいても,現実は何も変わりません.

なぜ自分がなめられるのか?という原因と向き合って,自分の特徴や行動を変えていくしかありません.

そこで,今回は,なめられる原因と対策について紹介していきます.

と〜げ

これから紹介する原因と対策は,私のこれまでの体験から考え出したものです.対策については,私が実践して効果があったものを紹介します.

すべての対策を実行するのは,難しいですが,1つでも変えてみてください.少しずつですが,確実に,周囲のあなたに対する態度が変わります.

『なめられる』について

本題に入る前に,『なめられてはいけない』という話と,『なめる・なめられないは必ず存在する』という話をします.

なめられてはいけない

まず,私が思う『なめられる』とは,周囲があなたを「こいつは自分より下だな」と判断し,バカにしてくることです.

人間は,他人と関わるときに,こいつは自分より上か下かを判断します.そして,自分より下と判断すると,バカにするという行動を起こします.

バカにするとは,何か悪口を言ったり,うざいイジりをしたり,偉そうな失礼な態度をとるなどの行動のことです.

なめられると単純にムカつきますし,雰囲気的になめられるキャラになってしまい,周囲からますますなめられるという悪循環に陥ってしまいます.

だから,なめられてないけないのです.

『なめる・なめられる』は必ず存在する

人間は,複数人集まると,その組織の中で,上(優位)に位置したい!と考えます.

なぜなら,上に位置すると良いことがあるからです.周りから尊敬されたり,嫌なことをやらなくて済んだり,とにかく気分がイイです.

逆に,下に位置してしまうと,周りからバカにされて,嫌な仕事を押し付けられたり,とにかく地獄です.

だから,人間は,組織の中で上に位置したいと考えます.

だから,人間は,自分が上に位置する優位な状態に持っていこうとして,他人をなめます.

つまり,人が『なめる・なめられる』というのは,人間が複数人集まり,組織になると,必ず起こってしまうことなんです.残念なことに,みんなが平等に優しく生きていける組織などないという言い方もできます.

まず,これを認めましょう.必ず存在することなのです.

と〜げ

では,これらを踏まえた上で,なめられる原因とその対策について書いていきます.

なめられる原因

私は,なめられる原因は,大きく分けて2つあると思います.

  • 一般的価値が低い
  • 人に恐怖心を感じさせない行動をしている

一般的価値が低い

『なめられる』(=「こいつは自分より下だな」)と判断される原因は,一般的な価値が低いからです.

一般的価値とは,

  • 仕事
  • カッコ良さ
  • モテ

つまり,バチェラー・ジャパン2 の小柳津林太郎さんのように,仕事ができて,カッコ良くて,モテる人は一般的価値が高いです.ってか高過ぎです.

この小柳津さんが,なめられる人だと思いますか?

絶対なめられないでしょっ!

抜群に仕事ができて,抜群にカッコよくて,抜群にモテてる人はなめられることはありません.

逆に,仕事が全然できなくて,カッコ悪くて,モテないような人は,周囲からなめられます.

と〜げ

これって私ですね...

つまり,なめられないためには,周囲の人よりも,仕事ができるようになって,カッコよくなり,モテることです.

って,それができれば苦労しないよ!と思うかと思います.確かに,これは難易度が高いです.誰もが小柳津さんようになれるわけではありません.

ですが,少しずつ地道に一般的価値を上げていく必要はあります.

例えば,仕事のスキルアップのための勉強をしたり,容姿について大衆口臭を気をつけたり,髪を切ったり,眉毛を整えたりと清潔感をあげることはすぐできると思います.

なめられないための対策としては,一般的価値を上げる努力をするということね!

ちむ子

と〜げ

一般的価値を上げる努力は絶対必要です.ただ,それだけではダメです.

平均よりも仕事ができて,平均よりも容姿がいい人でも,なめられる人はなめられます.自分より,仕事ができないし,自分より容姿が悪い人にも,なめられることはあります.

圧倒的に優れている人は例外として,そこそこの一般的価値なら,その人の行動次第でいくらでもなめられます.

と〜げ

では,どんな行動がなめられることに繋がるのでしょうか?

人に恐怖心を感じさせない行動をしている

なめられる2つ目の原因は,周囲に対して恐怖心を与えない・感じさせない行動をしているからです.

人は,恐怖心を感じない相手には,「あ,こいつには何をやっても大丈夫」と感じてなめるようになります.

では,『人に恐怖心を感じさせない行動』とは具体的にどんな行動なのかを説明していきます.また,それぞれの対策についても紹介します.

箇条書きすると以下のような行動です.

  • 笑う
  • 相槌(あいづち)を打つ
  • 声が小さい
  • テンパる・焦る
  • 謝る
  • 断らない

笑う

笑うという行動は,相手に安心感を与える行動です.誰もが怒っている人よりも笑っている人の方が好きです.

しかし,相手に安心感を与える行動は,言い換えれば,相手に恐怖心を感じさせない行動ということです.

なので,会話中に笑顔を見せすぎると,相手は恐怖心を感じません.会話中も適度な恐怖心を与えるために,意識的に笑わない(真顔)の時間を作るといいと思います.

と〜げ

もし,なめられたときは,絶対に笑ってはいけません.

なめられたときに,笑ってしまうと,一気になめられれます.

例えば,人からバカにされて,内心ムカついていても,それを顔に出さずに,周囲の雰囲気を壊さないように無理に笑ってしまう人がいます.この『なめられても笑う』という行動は,人に恐怖心を感じさせない行動です.

考えてみてください.攻撃した相手が,その攻撃に対して,笑顔でいる人に恐怖心を感じるでしょうか?おそらく,恐怖心を全く感じずに『こいつは何をやっても怒らない』という思われて,なめられるでしょう.

対策
  • 会話中に意識して,真顔の時間を作る.
  • なめられたときには,絶対に笑顔をみせない.

と〜げ

いつもなら少し笑顔を見せて会話するようなときに,一切笑わずに真顔で会話してみてください.相手が少し不安な気持ちになるのが少しわかります.

ただ,やりすぎると,ただの嫌な人になってしまうので,危険人物を中心にやりましょう

相槌(あいづち)を打つ

『笑う』と同様に,『相槌を打つ』という行動は,相手に安心感を与えてしまいます.

相槌を打って話を聞いてくれる人との会話って,話しやすいですよね?

一方で,相槌をあまり打たない人と話していると,ちゃんと聞いてるかな?伝わってるかな?と段々不安になってしまいます.

と〜げ

実は,相槌を打たずに沈黙することは,相手に威厳を感じさせる効果があります.明石家さんまは,会話するときに,あえて威厳を出さないように大げさに相槌を打つようにしているようです.

相槌を打ち過ぎると,相手は話をしやすくなり,自信を持って話すようになります.相槌の打ち過ぎは,相手に安心感を与えてしまい,相手は恐怖心を感じません.

結果,なめられやすくなります.

対策

相槌の数を減らしましょう.沈黙は,威厳に繋がります.

ただ,相槌をしないのは失礼になるので,全くしないのがダメです.

と〜げ

私の会社員時代を振り返ると,なめられていない上司は,話しているときに,あまり相槌を打たなかったです.なので,私はいつも,話しづらくて緊張していました.

声が小さい

声が小さいと,それだけで,弱く見えます.大きい声はそれだけで威圧感があります.

声が小さいと,相手に「こいつ弱いな」と思われて,相手は恐怖心を感じません.結果,なめられます.

対策

声を普段の2倍くらい出すつもりで意識して張る癖をつけましょう.

テンパる・焦る

何か失敗したときとか,トラブルが発生したときに,テンパって(焦って)しまいます.

他人に,テンパった(焦った)姿を見せたら,負けです.こいつは自分より下だなと思われて,一気になめられます.

また,焦って,走ったり,急ぐような様子を見せてもダメです.

対策

テンパる・焦る場面では,ゆっくり動くことを意識して,テンパった(焦った)素ぶりを一切見せないようにしましょう.

と〜げ

実は,動きを遅さは,威厳に繋がります.急いだ動きは,威厳の低下,ひいては,なめられることに繋がります.

謝る

「すみません」という言葉を使わないことにしましょう.

なめられやすい人は,何か失敗したときとかに,「すみません」と言ってしまいガチです.本当に悪いことをしてしまったときに,謝るというのは,人間として必要なことだと思います.

ただ,ささいなことで,すぐに謝ると,相手に弱い印象を与えて,安心感を与えることになります.

対策

謝らず,「ありがとうございます」とゆっくり堂々と真顔で言うようにしましょう.

と〜げ

本当に謝らなければいけない場面というのは,実はほとんどありません.

断らない

例えば,会社で同僚から,頼まれごとをしたときに,いつも「はい,やっておきます」と対応していると,断らない奴と思われて,面倒臭い仕事とかどんどん振られたりするようになります.

断らないと,頼みやすい奴になり,使いやすい奴になり,なめてもいい奴になります.

でも,全部を断るわけにはいきません.なので,理不尽さを感じるものは,断るようにしましょう.

断れないものに関しては,頼まれているときに,相手の話を真顔で相槌をうたずに聞いて,少しでも恐怖心を相手に与えるようにするといいと思います.

対策
  • 扱いやすいと思われないように,適度に断る.

私の体験談をちょこっと紹介

私の体験談をちょっと紹介します.

会社員時代に,バカにしてくる先輩がいました.でも,バカにされたときに,私は笑顔を見せていました.

ある日,私は実験的に,バカにされたときに,真顔で無視をしてみました.

すると,その日から,一切バカにされなくなりました.

たった1回の真顔無視がこんなにも効果があるのかととても驚きました.

と〜げ

もちろん,人にも寄ります.私の先輩はあまりしつこくない人だったようです.世の中には,しつこい人もたくさんいます.でも,たった1回の真顔無視でなめられなくなることもあるのです.

私のようになめられやすい人は,試してみてください.

まとめ

  • 『なめられる』とは,周囲があなたを「こいつは自分より下だな」と判断し,バカにしてくること
  • なめられる原因
    •  一般的価値が低い
    • 人に恐怖心を感じさせない行動をしている
  • なめられない対策
    • 一般的価値を地道に上げる.
    • 人に恐怖心を感じさせる行動を適度にする.

なめられないためには,相手との適度な緊張感(人に恐怖心を感じさせる)が必要です.

私のように,なめられやすい人は,少しずつ,相手と適度な緊張感を与える行動をしていきましょう.今回紹介した対策を少しずつ実践していけば,効果が少しずつでると思います.

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です